北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

カーライフ ニュース 観光地・自然・風景

世界遺産「知床」ナンバーが愛車に 2020年の交付を目指して協議

投稿日:2017年9月9日 更新日:

 

 

北海道の知床半島周辺の7市町が、世界自然遺産の「知床」を自動車のナンバーププレート導入に向けて協議していると、9月9日付の北海道新聞が報じた。世界自然遺産に登録されている知床は、世界的な知名度もある。2020年の交付を目指しているという。

国交省の交付条件緩和が追い風に

北海道新聞によると、世界的な「知床」の名前をナンバープレートにつけることによって、さらなる観光振興につなげることが目的。国土交通省は今年5月、ご当地ナンバーの交付に関し、登録自動車台数を緩和。従来は10万台の登録が必要だったが、おおむね5万台超となり、「知床」ナンバーの該当7市町で7万台以上の登録があり、実現に向けて急ピッチに話が進んだ。

【知床ナンバー関係自治体】
▽根室管内=現在は「釧路」ナンバー
・羅臼町・根室市・中標津町・標津町・別海町
▽オホーツク管内=現在は「北見」ナンバー
・網走市・斜里町

知床半島は、手つかずの自然が残され、希少な動植物の群生地として知られている。2005年にユネスコの世界自然遺産に登録が決まった。世界遺産の登録が決まった直後、観光客の入りこみが劇的に増加したが、近年は減少も叫ばれている。「知床」のご当地ナンバーで再度、知床をアピールする狙いもある。

北海道は7つの地名のナンバーで全国2位

北海道のナンバープレートは、全部で7つの地名が記されており、愛知県の8地名に次ぐ全国で2番目に多い。内訳は「函館」「室蘭」「札幌」「旭川」「帯広」「釧路」「北見」となっている。これに「知床」が加われば、愛知県に並ぶことになる。ちなみに、東京都と埼玉県も7地名あり、北海道と並んでいる。

国交省では2006年から、新規に自動車検査登録所の事務所を設置せずに、独自の地名がつけられる「ご当地ナンバー」を開始した。これにより、各地域の有名な観光地やスポットを続々とナンバープレートにしている。

【主なご当地ナンバー】
・仙台(旧地域名=宮城)
・会津(旧地域名=福島)
・郡山(旧地域名=福島)
・平泉(旧地域名=岩手)
・那須(旧地域名=宇都宮)
・成田(旧地域名=千葉)
・世田谷(旧地域名=品川)
・つくば(旧地域名=土浦)
・諏訪(旧地域名=松本)
・金沢(旧地域名=石川)
・春日井(旧地域名=尾張小牧)
・伊豆(旧地域名=沼津)
・富士山(旧地域名=沼津・山梨)
・鈴鹿(旧地域名=三重)
・倉敷(旧地域名=岡山)
・下関(旧地域名=山口)
・奄美(旧地域名=鹿児島)

「知床」のナンバープレートが交付されれば、北海道で初の自動車を対象にした「ご当地ナンバー」となる。

▽関連記事
「知床」と「苫小牧」が2020年からご当地ナンバーに登場 国交省発表

右上

右上




右上

右上




-カーライフ, ニュース, 観光地・自然・風景
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

北海道のインバウンド増で連携 道観光振興機構とトリップアドバイザー

北海道のインバウンド(訪日外国人)増加に向けて、強力なタッグが組まれた。北海道観光振興機構と世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」(米国)は9月20日、北海道のイ …

ひと足早い北海道の紅葉の見頃となる時期は? 厳選スポットも紹介

北海道の紅葉は、本州に比べてひと足早くやってくる。既に大雪山の旭岳・黒岳では見頃を迎えているが、平野部はこれからが本番。ウェザーニュースによると、然別湖でも見頃を迎えているという。気になる紅葉の見頃や …

道の駅石狩「あいろーど厚田」が人気 ゴールデンウイークの大渋滞が話題

ゴールデンウイーク(GW)前半を控えた4月27日、道の駅石狩「あいろーど厚田」(石狩市厚田区)がオープンした。アクセス路の国道231号は、駐車場待ちで最大2時間超の待ち時間となる大渋滞も発生。限定20 …

指を9本失った登山家の栗城史多さんが死亡 下山途中のエベレストで

冬山登山の凍傷で、指を9本失った登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が5月21日、エベレスト登山中に死亡した。体調を崩して下山中に遭難し、捜索隊が遺体を確認した。所属事務所が栗城さんの公式 …

バレンタインはチョコレートで難民救済 六花亭と国際NGO団体が連携

菓子製造メーカーの六花亭(帯広市)が製造するチョコレートが、世界的な問題になっているシリア難民を救う。国際NGO団体「AAR Japan」(難民を助ける会)は、同団体で販売するチャリティーチョコレート …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載