北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

グルメ・食材

「KOIKEYA PRIDE POTATO」を発売 今金男しゃくとオホーツク塩による最高級コラボ

投稿日:

湖池屋(東京)は10月30日から、北海道今金(いまかね)町産の幻のジャガイモ、今金男しゃくとオホーツク産の塩を使った、「KOIKEYA PRIDE POTATO今金男しゃく 幻の芋とオホーツクの塩」を限定150万袋を用意して全国発売する。この秋収穫された、今金男しゃくを100%使用した最高級シリーズになる。

スポンサーリンク

右上

右上





今金町はポテトチップスの“聖地”

今金男しゃくは、北海道南の人口約5000人の今金町で生産している。同町では約半世紀前から、町内で生産するジャガイモの品種を「男爵(だんしゃく)」で統一。生産者と農協、町が一体となってブランド力を高め、全国で生産されるわずか0.3%という幻のジャガイモとして注目されるようになった。

今金町は海に面しておらず、内陸型気候の丘陵地にあり、熱に弱い男爵イモの生産に最適という。昼夜の温度差が大きく、甘みがあるジャガイモが育つ土壌だ。町内には118戸の今金男しゃくの生産農家があり、最高の品質のジャガイモを湖池屋に提供している。

恵まれた環境と生産者の栽培にかける情熱が、今金男しゃくに凝縮されている。甘みの成分などを示すデンプン量は、一般的な男爵イモに比べて約1.2倍以上。独自で定めた出荷基準ではデンプン含有量13.5%以上に設定。今秋に収穫された今金男しゃくは、平均16%以上のデンプンを含有している。

湖池屋では品質保持のため、100%日本産のジャガイモを使用して、ポテトチップスを生産。JA今金町の全面協力体制で、貴重な今金男しゃくの確保に成功した。

最高級のジャガイモを最高の手法で生産

「KOIKEYA PRIDE POTATO今金男しゃく幻の芋とオホーツクの塩」は、素材本来の味を独自の製法で引き出した。最高級のジャガイモを、湖池屋が最高の手法で商品化した。新ジャガが収穫されるこの時期限定商品だけに、非常にレアなポテトチップスだ。

【商品概要】
商品名:KOIKEYA PRIDE POTATO今金男しゃく幻の芋とオホーツクの塩
内容量:73g
価格:オープン価格
発売日:2017年10月30日に全国発売
数量:150万個限定販売

湖池屋では、9月14日から「ポテトチップスのり塩 今金男しゃく」「ポテトチップスうま塩 今金男しゃく」のオンラインショップによる予約を受け付けた。予約件数は、昨年の5000ケースの2倍以上となる1万ケース以上となる人気ぶりだった。

今回の「KOIKEYA PRIDE POTATO今金男しゃく幻の芋とオホーツクの塩」も予約が殺到することが予想される。湖池屋の最高級のポテトチップスのリリースだけに、全国のファンが購入を控え、スタンバイしている状況だ。

▽関連記事:湖池屋がポテトチップスを新発売 幻の「今金男しゃく」を100%使用

右上

右上




右上

右上




-グルメ・食材
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

餃子フェスに札幌から3出店 話題の「肉爆弾」と「フレンチ」の餃子

「餃子フェス 国営昭和記念公園 2017」(東京)に、札幌で話題の3店の餃子が登場する。札幌マルエス食堂が「新札幌名物 肉の爆弾 肉巻餃子」、餃子とワイン 果皮と餡から「フォアグラ&白レバー餃子 味噌 …

グランピングレストランが札幌のホテルに登場 スノーピークが監修

札幌市のホテルマイステイズプレミア札幌パーク(旧アートホテルズ札幌)に4月26日、グランピングレストラン「Farm to Table TERRA」がリニューアルオープンした。アウトドア用品大手のスノー …

「フォトジェ肉」な冬の北海道物産店 小田急百貨店で1月17日から

「フォトジェ肉」なローストビーフおにぎり、海鮮、スイーツが大集結する。小田急百貨店新宿店では1月17日~25日、食品や工芸品の60以上が出店する「冬の北海道物産展」を開催する。味はもちろん、インスタ映 …

「からフェス」に出店 唯一の北海道代表のザンギ専門店Ichiとは?

からあげの国内最大規模の祭典「からあげフェスティバル」に、北海道から唯一、参加しているのが「ザンギ専門店 Ichi」(小樽)だ。からあげの聖地から数多くの出店がされる同フェスで、北海道特有のザンギ(か …

芽室コーンサイダーが好調 北海道の「十勝地サイダー研究会」が発売

北海道の十勝地方で生産・販売している芽室コーンサイダーが、順調な売れ行きを見せている。帯広市の「十勝地サイダー研究会」が開発・運営しているもので、発売から約5カ月で5000本近くを販売し、年間目標の7 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載