北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

星槎道都大サッカー部監督が部費を着服 合宿費を水増し請求で発覚

投稿日:2017年10月30日 更新日:

星槎道都大サッカー部の元監督(56)=同大学職員=が部費などを長年にわたって着服していたことが10月29日までに分かった。着服は数百万円に上るとみられる。大学は既に監督を解任しており、10月31日付で諭旨退職処分とする。元監督は着服を認めている。

スポンサーリンク

右上

右上




8月の青森合宿で中央に写っているのが田代元監督(出典:同大学サッカー部公式ツイッター)

部員の保護者からの訴えで着服が発覚

元監督は田代正信氏で、大学の調査で着服の事実を認めている。着服した金額を返済する意向で、大学側では刑事告発を見送る方針だ。

問題が発覚したのは、不審に思った部員の保護者から大学への連絡だった。報道などによると、部費が高いとの保護者からの訴えを受けて大学で調査を始めた。8月の合宿費では、田代元監督が部員に請求した金額と大学に報告した金額が食い違っていた。

同合宿は8月16日~20日にトップチームの部員を対象に青森で行われ、地元の社会人、大学、高校などのチームと練習試合をしている。

大学が田代元監督から事情を聞いたところ、着服の事実を認めた。約5年前から不正な請求をしていたという。会計は田代元監督が1人で担当しており、数年にわたって問題が表面化しなかった。会計のチェック体制も含めて、大学側の不備も指摘されそうだ。

Jリーガーも育てた手腕に定評もあった

田代元監督は、国士舘大学出身。ヤマハサッカー部(現ジュビロ磐田)から、1990年にNEC山形(現在モンテディオ山形)の監督に就任、93年にチームを東北地域リーグからJFL昇格に導いた。94年に当時の道都大(星槎道都大)の監督に就任し、Jリーガーを7人育て、天皇杯に出場するなど、指導に定評があった指導者だった。

【田代元監督が育てたJリーグ選手】
・北出勉=磐田→湘南→栃木
・石田祐樹=湘南→徳島→松本
・鎌田安啓=札幌→熊本→長崎→FC琉球
・権東勇介=札幌→水戸→金沢
・田沢勇気=札幌、岐阜
・星野圭佑=水戸
・森直樹=C大阪→水戸

星槎道都大は、北海道学生サッカーリーグの1部に所属。今季の同リーグは10月21日に最終節を終えている。

同大学のグラウンドを利用し、地域のスポーツクラブと連携して強化・育成をしている「DOHTO ジュニアユース」「DOHTO ジュニアU-12」がある。今回の田代元監督の不祥事で、子どもたちの活動に影響を及ぼすことも懸念される。

現在、同大学サッカー部のホームページは閉鎖されている。今後は新たな指導陣の構築とともに再発防止に向けて、体制の見直しなどに着手していく方針だ。

新監督に元コンサドーレ札幌の選手だった木島氏が就任

星槎道都大は11月1日、新監督にコーチの木島敦氏(48)の昇格を発表した。木島氏は帝京高から東京農大を経へ東芝サッカー部入り。1996年にコンサドーレ札幌でプレーした後、大分に移籍した。指導者としてはベアフット北海道、サンクFCくりやま、ノルブリッツ北海道の監督を歴任。JFLの監督資格となるJFA公認A級コーチジェネラルのライセンスを持っている。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

北海道が9年連続1位 函館2位・札幌3位 魅力的な都市ランク2017

ブランド総合研究所(東京)はこのほど、国内47都道府県と1000の市区町村を対象にした「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。都道府県の1位が北海道で2009年に調査項目に加えてから9年連続の1 …

日本初上陸の「モバイク」が札幌に登場 中国の最大手シェア自転車

中国の最大手シェア自転車「Mobike(モバイク)」が8月23日、札幌市中央区で国内初の事業を開始した。日本法人モバイク・ジャパン(福岡市)が運営し、関係者らによるデモ走行などを行い、事業のPRを行っ …

延岡学園のコンゴ人バスケ留学生 試合中に審判を襲う 逮捕や退学も

延岡学園高(宮崎)のバスケットボール男子留学生が、試合中に前代未聞の暴行を働いた。2018年6月17日の全九州高校大会(長崎県大村市体育文化センター)の福岡大大濠高との準決勝で、コンゴ人留学生が判定に …

札幌が招致を目指す26年冬季五輪 Sスケート会場を十勝オーバルで検討

2026年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指している札幌市の秋元克広市長は11月14日、スピードスケート会場を帯広市の「明治北海道十勝オーバル」を中心に検討する方針を明かした。札幌市南区の道立真駒内 …

世界遺産「知床」ナンバーが愛車に 2020年の交付を目指して協議

    北海道の知床半島周辺の7市町が、世界自然遺産の「知床」を自動車のナンバーププレート導入に向けて協議していると、9月9日付の北海道新聞が報じた。世界自然遺産に登録されている知 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載