北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

グルメ・食材 教育・行政

三笠高校生レストラン「essor」が2018年7月22日開業 同校に注目だ

投稿日:2017年11月5日 更新日:

北海道三笠市の三笠高校生レストラン「MIKASA COOKING ESSOR(ミカサ・クッキング・エソール) 」が、2018年7月22日に同市内にオープンする。市立三笠高校は、道内唯一の食物調理単科高校で2012年に開校。高校生による手作りの調理や接客など、レストランの経営を通して実践的な技術を養うことが目的だ。

スポンサーリンク

右上

右上




出典:三笠市教育委員会

高校生ながら実践経験豊富な未来のシェフたち

エソールというレストランの名称は、フランス語で「飛翔」を意味する。食のスペシャリストを目標としている若人たちに、レストランを通して世界に大きく羽ばたいてほしいという願いを込めたネーミング。そんな若者の挑戦に市民の注目も高まっている。

将来のシェフやパティシエなど、食に関するプロの卵たちは、学校の授業の一環で経験も数多く踏んでいる。三笠高校生食堂「まごごろきっちん」は、同校調理部が実地研修という目的で、2015年11月から日曜日限定で月1~2回程度の予定で営業を開始。市役所向かいの「まんぷく食堂」を借り、高校生が腕を振るっている。

【まごころきっちん概要】
場所:三笠市幸町6-11
営業時間:11~14時(13時半ラストオーダー)
メニュー: ▽親子丼=550円
▽親子丼セット(小うどん付き)=850円
▽うどん(かけ・とろろ昆布)=550円
▽出汁巻き卵=350円
問い合わせ:電話01267‐4‐2200(三笠高校)
※メニューや料金は変更する場合があり。数量限定販売

同校では市内の大型スーパー「イオン」と連携した取り組みも行っている。9月末から10月にかけて3日間限定で調理部の生徒が考案した「赤ワインすき焼き弁当~三笠高校からの贈り物~」を全道103店舗で販売した。10月にも同店でハロウィーンの焼き菓子なども販売した。高校生ながら、さまざまな食のキャリアを積んでいる。

2012年に道立高→市立高に移管して再出発

北海道立の三笠高校は生徒数の減少によって2010年4月に募集停止、12年3月に道立校として67年の歴史に幕を閉じた。同年4月から三笠市に移管され、三笠市立高校として運営。特色ある学校運営で生徒数を確保するため、食物調理科の単科(調理コース・製菓コース)高校として再出発した。

出典:三笠高校

三笠高校生レストランは、先駆的な取り組みをしていた三重県立相可高校(多気町)にヒントを得た。同校の食物調理科の生徒が運営する高校生レストラン「まごの店」に着目。同レストランは2011年5~7月に放映された民放のテレビドラマにもなり、大きな注目を集めた。

市立三笠高校を発足させるため、相可高校のケースをお手本にしてノウハウを学んだ。2012年には相可高校から教諭や生徒が三笠高校に訪れ、研修を通じて交流を深めるなど学びの機会を増やして、調理技術の向上を図っている。
特色ある学校運営が認知されるようになり、出願数も上昇してきた、三笠高校の1学年の定員は40人で、2017年度の一般入試の倍率が1.4倍、2016年が1.5倍と高倍率になっている。

複数の料理コンクールで受賞歴のある実力

三笠高校の生徒たちの実力は、既に高校生の全国トップレベルに成長している。複数の料理コンクールで数々の賞を受賞。生徒たちの調理に関する向学心が結果に結びついたもので、今後のさらなる活躍に注目される。
【同校の最近の主な受賞例】

▽優秀賞
・「第38回牛乳乳製品利用料理コンクール」(札幌市)=2017年10月30日

▽2連覇(2016年に引き続き)
・「第2回食の縁結び甲子園」(島根県)=2017年11月11日

▽第11代食育王(優勝)と3位
・「第11回全国高校生食育王選手権大会」(2017年11月12日)

▽水産庁長官賞
・「第18回シーフード料理コンクール」(2017年12月2日)

▽優秀賞・審査員特別賞
・「第12回全国高校生パンコンテスト」(2018年1月20~21日)

▽最優秀賞・審査員特別賞
・「第6回食の黄金文化・奥州料理コンクール」(2018年2月17日)

▽大会会長賞
・「第33回全国調理師養成施設調理技術コンクール日本料理部門」(2018年2月20~21日)

各コンクールで入賞した生徒たちは、本格的に調理技術を学んで1~2年でプロの審査員をうならせる調理をつくっているから驚きだ。

無限の可能性を秘めた若い感性が、これからどのような料理をつくるのか非常に楽しみだ。2018年7月22日のエソールの開店とともに、今後の三笠高校のさらなる発展に注目される。

右上

右上




右上

右上




-グルメ・食材, 教育・行政
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

アマノ フリーズドライステーションが北海道初出店 3月1日オープン

フリーズドライ食品を手掛けるアマノフーズが、3月1日に北海道初進出となる「アマノ フリーズドライステーション」を札幌市内にオープンする。みそ汁やスープなどの豊富な食材をそろえたアンテナショップで、期間 …

カルビーのご当地ポテチ第1弾 北海道限定「山わさび味」を9月に発売

カルビー(本社・東京)は8月21日、47都道府県の地元の味を再現するポテトチップスの第1弾として北海道限定の「山わさび味」を発売すると発表した。9月18日から道内のコンビニエンスストア、新千歳空港など …

十勝の花畑牧場の食材によるメニューで全国発信 TKPとコラボを開始

タレントの田中義剛氏が社長を務める「花畑牧場」(中札内村)の食材が全国発信される。12月15日から、飲食事業やケータリングサービスなどを展開しているティーケーピー(東京)が、花畑牧場の食材を利用したケ …

スーパーカップ1.5倍ご当地鍋 「札幌編 かに鍋風味噌ラーメン」を発売

エースコック(大阪府吹田市)は11月15日、カップラーメンの「スーパーカップ1.5倍」にご当地鍋シリーズを発売すると発表した。「札幌編 かに鍋風味噌ラーメン」と「博多編 水炊き風塩ラーメン」で、12月 …

パンケーキの「VERY FANCY」と森永がコラボ 11・7は「ココアの日」

札幌市中央区のススキノにあるパンケーキ専門店「VERY FANCY」が、今年もあの企画を始める。立冬の日の11月7日は「ココアの日」(日本記念日協会制定)で、森永製菓の「ミルクココア」を使ったパンケー …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載