北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

スポーツ ニュース

札幌が招致を目指す26年冬季五輪 Sスケート会場を十勝オーバルで検討

投稿日:

2026年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指している札幌市の秋元克広市長は11月14日、スピードスケート会場を帯広市の「明治北海道十勝オーバル」を中心に検討する方針を明かした。札幌市南区の道立真駒内屋外競技場が、道から建て替えが困難なことが伝えられたからだ。

スポンサーリンク

右上

右上




明治北海道十勝オーバル

真駒内屋外競技場の建て替えが困難

秋元市長は14日の記者会見で「IOC(国際オリンピック委員会)との対話ステージに参画することになった場合、帯広の十勝オーバルをスピードスケートの会場に最優先して検討していく」と述べた。

その理由として道から、真駒内屋外競技場の建て替えにばく大な費用がかかることが伝えられたと明かした。さらに、既存の施設を有効活用して五輪開催の費用を圧縮して、五輪後に負の遺産にならないような大会運営を目指すためだ。

札幌市では五輪開催の経費を4500億円前後と見込んでいる。20年東京五輪・パラリンピックでは、巨額の開催経費が問題視されており、これに配慮した形だ。市民や道民の賛同を得るために、経費の面を慎重に考えたうえでの分離開催を検討するに至った。

札幌市が11月8日に日本オリンピック委員会(JOC)に提出した開催概要計画書によると、スピードスケート会場は真駒内屋外競技場と明治北海道十勝オーバルの2会場が候補地であると記載している。

真駒内屋外競技場

十勝オーバルの開催検討で問題点も浮上

秋元市長の方針を受けて、帯広市の関係者は歓迎の意向を示している。その一方で問題点もある。十勝オーバルの観客席の数は約1000で、IOCが定める基準が6000以上。現状であと5000席を増設するのは建物の構造上、物理的に不可能だ。

IOCでは、ばく大な経費がかかる五輪開催の観点から、既存施設の有効活用を優先的にするよう訴えている。観客席の基準緩和も視野に入れているが、1000席ではあまりに少ない。今後、札幌市と帯広市、IOCでどのような打開策を講じるか注目される。

一方で札幌市のスピードスケート関係者にとって、落胆の色を隠せない。札幌スケート連盟の関係者は「スピードスケート会場を帯広にすることについて、一切の協議がなかった。札幌市の子どもたちの目標や育成にとって残念なこと」と困惑している。

真駒内屋外競技場のある真駒内公園は、本拠地を札幌ドームから移転する計画を進めているプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新球場の候補地として浮上。札幌市では五輪会場としての活用を優先し、球団に候補地の提案をしていないとしている。

札幌市では1972年にアジアで初の冬季五輪を開催した。2度目の五輪開催に向けて、今後も紆余曲折がありそうだ。

右上

右上




右上

右上




-スポーツ, ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

北海道栄高野球部の渡辺伸一監督が退任 3年生部員への体罰が発覚

私立北海道栄高(白老町、渡辺和弘校長)野球部の渡辺伸一監督(45)が、11月に3年生部員へ体罰をしたとして監督を退任していたことが12月7日、分かった。学校から11月21日付で停職3カ月の処分を受け、 …

北海道が9年連続1位 函館2位・札幌3位 魅力的な都市ランク2017

ブランド総合研究所(東京)はこのほど、国内47都道府県と1000の市区町村を対象にした「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。都道府県の1位が北海道で2009年に調査項目に加えてから9年連続の1 …

元ヤンキー町議が風営法違反で逮捕 4月の福岡県みやこ町長選に出馬

元ヤンキー町議として、2018年4月10日投開票の福岡県みやこ町長選に出馬して落選した橋本真助容疑者(32)=会社役員=が6月21日、福岡県警に逮捕された。逮捕容疑は風営法違反(年少者雇用)で、18歳 …

「第1回氷室冴子青春文学賞」の募集を開始 岩見沢市の有志が設立

「なんて素敵にジャパネスク」で知られる小説家の氷室冴子氏(享年51)の功績をたたえた「氷室冴子青春文学賞」が創設された。氷室氏の地元・北海道岩見沢市の有志が同実行委員会を立ち上げて主催。2018年1月 …

十勝FCの新監督に梅山修氏就任へ 元Jリーガーで新潟市議も歴任

今季の北海道サッカーリーグを制した十勝FCの来季の新監督に、アルビレックス新潟などに所属した元Jリーガーの梅山修氏(44)の就任が確実となったことが10月11日、分かった。11月中にも契約を結ぶ予定で …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2017年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載