北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

「第1回氷室冴子青春文学賞」の募集を開始 岩見沢市の有志が設立

投稿日:2017年12月19日 更新日:

「なんて素敵にジャパネスク」で知られる小説家の氷室冴子氏(享年51)の功績をたたえた「氷室冴子青春文学賞」が創設された。氷室氏の地元・北海道岩見沢市の有志が同実行委員会を立ち上げて主催。2018年1月15日から、小説投稿サイト「エブリスタ」で募集を受け付ける。

スポンサーリンク

右上

右上





 「なんて素敵にジャパネスク」で大ブレーク

氷室氏は岩見沢市出身で、岩見沢東高から藤女子大文学部に進学。大学3年次に「第10回小説ジュニア青春小説新人賞」で佳作を受賞した。この受賞作となった「さようならアルルカン」で1977年に小説家としてデビューした。

大学を卒業後、精力的に青春小説を書き続けた。氷室氏がブレークしたのは、1984年に発表した「なんて素敵にジャパネスク」。平安時代の宮廷貴族の少女に、現代風の女子高生の思考を持たせた画期的な作風だ。同作品の発表後、氷室氏のような時代小説と現代的な感覚を融合させた作品が続くようになった。

出典:Amazon

「なんて素敵にジャパネスク」は、91年にかけて長期にわたってシリーズ化され、累計800万部の大ヒットとなった。多くの女性の共感を呼び、発行元の集英社を代表する小説家の地位を確立した。氷室氏は2008年6月10日、肺がんのため、東京都内の病院で51歳の短い生涯を閉じた。

青春をテーマに優れた才能を発掘する

2018年は氷室氏の死去後、10年にあたる。岩見沢市で氷室氏と交流のあった友人や知人らが中心となって、実行委員会を立ち上げ、第1回の「氷室冴子青春文学賞」の設立を果たした。氷室氏のような優れた才能の発掘を目指すのが目的だ。

▽審査委員
・伊藤亜由美氏=クリエイティブオフィスキュー代表取締役
・久美沙織氏=小説家として氷室氏らとともに「コバルト四天王」として活動
・辻村深月=「鍵のない夢を見る」で第147回直木賞を受賞

【第1回氷室冴子青春文学賞の作品募集要項】
募集テーマ:「青春」をテーマとした小説。「青春」の要素があれば、ジャンルの制限はなし
募集文字数:2万~6万字(400字詰め原稿用紙50~150枚)
応募資格:年齢、性別、職業、国籍は問わない
応募期間:2018年1月15日(月)~2018年3月15日(木)
応募方法:エブリスタ内特設ページestar.jp/_ofcl_evt_outline?e=153669
結果発表:2017年7月前半を予定
受賞者:2018年7月13日(金)に岩見沢市で開催する授賞式に招待する

活字離れが進む現代で、あらためて青春をテーマにした文学賞の設立は、意義深いものがある。氷室氏の作品を知らない若い世代にとっても、時代を駆け抜けた同氏の作品を手にするきっかけになりそうだ。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

札幌が招致を目指す26年冬季五輪 Sスケート会場を十勝オーバルで検討

2026年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指している札幌市の秋元克広市長は11月14日、スピードスケート会場を帯広市の「明治北海道十勝オーバル」を中心に検討する方針を明かした。札幌市南区の道立真駒内 …

北海道栄高野球部の渡辺伸一監督が退任 3年生部員への体罰が発覚

私立北海道栄高(白老町、渡辺和弘校長)野球部の渡辺伸一監督(45)が、11月に3年生部員へ体罰をしたとして監督を退任していたことが12月7日、分かった。学校から11月21日付で停職3カ月の処分を受け、 …

気象予報士に最年少11歳で合格 北見の本田まりあさんの学校や素顔

第48回気象予報士試験(8月)で北海道北見市の本田まりあさんが、11歳11カ月という史上最年少で合格した。気象予報士は難関試験として知られ、本田さんの快挙に全国が注目。気になる素顔や通っている小学校、 …

「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」 国内最大級規模で開校

屋外飛行場国内最大級のドローンスクールが、9月8日に北海道新冠町に開校する。「ドローンスクール北海道新冠校」で、東京ドーム12個分に相当する561,060㎡の敷地面積を擁する。同8日の開校式には式典に …

指を9本失った登山家の栗城史多さんが死亡 下山途中のエベレストで

冬山登山の凍傷で、指を9本失った登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が5月21日、エベレスト登山中に死亡した。体調を崩して下山中に遭難し、捜索隊が遺体を確認した。所属事務所が栗城さんの公式 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2017年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載