北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

五泉市長選挙2018結果速報! 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年1月6日 更新日:

任期満了に伴う新潟県五泉市長選は1月14日、告示された。投開票は同21日。立候補したのは、行政書士で新人の後藤浩昌氏(56)、3選を目指す現職の伊藤勝美氏(67)、元五泉市議で新人の安中聡氏(40)の3人。立候補者の詳細や経歴、情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




一本杉のチューリップ園(出典:五泉市)

五泉市長選挙速報

後藤 浩昌氏 得票数    318
伊藤 勝美氏 得票数15050 当選
安中  聡氏 得票数  7632
※1月21日22時25分確定=投票率53.03%

五泉市長選挙は現職の伊藤勝美氏が3選を果たした。

立候補者のプロフィルや主な経歴など

後藤氏は佐渡市在住の行政書士。2016年には新潟知事選に立候補して大敗している。17年10月の上越市長選にも立候補を表明したが、告示の5日前に断念している。新聞記事を挙げ、自分の名前のみで公約などが報道されず、泡沫候補とみられていることに憤りを感じたのが理由だった。

伊藤氏は新潟県立五泉高を卒業。1996年に45歳で瓦(かわら)ぶき職人の親方から、村松町議選に出馬して初当選した。02年の村松町長選に初当選した。同町と旧五泉市が合併した06年に新五泉市の助役から副市長になった。10年の市長選で初当選し、14年に無投票で再選した。

安中氏は立正大を卒業後、派遣社員として勤務。2010年の参院選に無所属で初出馬した。6人の候補者中、2万3000余りの得票を獲得し、5番目で落選している。2011年の五泉市議選に初当選し、現在は2期目。前回15年市議選は2093票を獲得し、トップ当選を果たしている。

◇後藤 浩昌(ごとう・ひろまさ)氏

生年月日:1961年1月29日
出身地   :東京都港区
出身校 :国学院大大学院
主な経歴 : 行政書士、海事代理士

◇伊藤 勝美(いとう・かつみ)氏

生年月日:1951年1月2日
出身地   :新潟県村松町
出身校 :新潟県立五泉高
主な経歴 : 五泉市長(2期)、村松町長(1期)、村松町議(2期)

◇安中 聡(あんなか・さとし)氏

生年月日:1977年12月6日
出身地   :新潟県五泉市
出身校 :立正大
主な経歴 : 五泉市議(2期)

立候補者の主な公約や主張など

▽後藤氏
・ふるさと納税の拡充
・複合リゾート施設の整備
・人口減少対策に向けた企業誘致など、移住・定住策の推進

▽伊藤氏
・2年8年間の市政運営で培った知識・経験を元に住みよいまちづくりの実現
・磐越道の安田IC近くに産業振興と生涯学習機能を備えた「複合施設」を建設
・地域医療や介護の充実、農家の所得向上

▽安中氏
・紅葉マラソン補助金不正問題の真相究明
・現在の伊藤市長がまともな市政運営を行っていないことが問題になった
・市政刷新、市議会の議員定数削減

選挙の争点や情勢、予想

五泉市長選は伊藤市政の継続か刷新かが争点になる。2期目の公約に掲げた教育環境整備、若年層の定住促進などは評価を得ている。一方で30億円の巨額の費用を投じる「複合施設」、採算性に問題のある「工房」の新設など、市民が疑問視している事業も少なくない。

伊藤氏は2015年12月に「五泉ニット工業協同組合」のイタリア視察に同行。同組合から旅費の負担を受けており、議会で追及を受けて約40万円の費用を返還している。議会では陳謝したものの、議会で強い批判を受け、市民が大きな不信感を募らせた。

15年市議選でトップ当選した安中氏は、伊藤市政を疑問視する急先鋒(ぽう)だ。選挙戦はこの2人の事実上の一騎打ちになる公算が大きい。

1月21日の投票時間は7~20時で、21時15分から「五泉市総合会館」で即日開票する。1月21日現在の選挙人名簿登録者数は4万3957人(男2万996人、女2万2991人)。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

玄海町長選挙2018結果速報 原発容認派の立候補者2人の情勢予想は

任期満了に伴う佐賀県玄海町長選挙は7月24日、告示された。投開票は同29日。立候補者はともに無所属新人の元同町議で、脇山伸太郎氏(61)と、中山敏夫氏(63)の2人。岸本英雄町長(65)は3期12年で …

名張市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う三重県名張市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属で、元同市議の森脇和徳氏(44)と、5選を目指す現職の亀井利克氏(66)、新人で元三重県議の北川裕之氏 …

気仙沼市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想

任期満了に伴う宮城県気仙沼市長選挙は4月15日、告示された。投開票は同22日。立候補者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の菅原茂氏(60)、新人で行政書士の斉藤巳寿也氏(53)の2人。選挙戦は8年ぶ …

倉吉市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う鳥取県倉吉市長選挙は3月18日、告示された。投開票は同25日。立候補者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の石田耕太郎氏(68)と、新人で自営業の岡本義範氏(66)の2人。2010年と同 …

富士市長選挙2017結果速報 選挙の詳細や立候補者、情勢を紹介

任期満了に伴う静岡県富士市長選は、12月17日告示・同24日投開票で行われる。立候補したのはともに無所属で、再選を目指す現職の小長井義正氏(62)、元静岡県議で新人の植田徹氏(68)の2人。前回201 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載