北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

バレンタインはチョコレートで難民救済 六花亭と国際NGO団体が連携

投稿日:

菓子製造メーカーの六花亭(帯広市)が製造するチョコレートが、世界的な問題になっているシリア難民を救う。国際NGO団体「AAR Japan」(難民を助ける会)は、同団体で販売するチャリティーチョコレートをバレンタインに向け、多くの人に購入してほしいと呼びかけている。

スポンサーリンク

右上

右上





2011年11月に開始後、累計販売枚数が9万枚に

チャリティーチョコレートは、2011年10月に人道的支援から発売を開始した。これまで累計販売枚数が9万枚を超え、数多くのシリア難民を救ってきた。今年もバレンタインが近づき、生活が困窮しているシリア難民に役立てたいと、AARではPR活動を展開している。

チョコレートは、北海道を代表する六花亭が製造するミルクチョコとホワイトチョコの2種類。4枚入り550円(税込み)で、販売に伴う純益の約200円がAARの支援活動に充てられる。購入はAARのサイトで受け付けている。

【チャリティーチョコレート概要】
▽チャリティーチョコレート・ホワイト
・北海道のミルクをたっぷり使用し、滑らかな口どけが特徴
サイズ :縦5cm×横5cm×高さ1cm
重さ  :20g(4枚入り)

▽チャリティーチョコレート・ミルク
・甘さを控えめにし、香り豊かで万人受けする定番チョコレート
サイズ :縦5cm×横5cm×高さ1cm
重さ  :20g(4枚入り)

10箱で家族3~4人の1週間分の食料になる

国政不安なシリア情勢下で、難民の暮らしもままならない状況に置かれている。チャリティーチョコレート10箱分の純益で、シリア難民の避難生活家族(3~4人)に1週間分の食料を届けることができる。3箱でバングラデシュのキャンプで暮らすミャンマー避難民に毛布1枚を届けられる。チャリティーチョコレートの純益は、AARが世界16カ国で展開している支援活動に充てられる。

シリア難民は、2011年3月以降に起きた独裁政権のアサド大統領に反発する組織による内戦で、22万人以上が犠牲になったとされる。人口2200万人の国民のうち、400万人以上が国外で避難生活を送っている非常事態に陥っている。難民の多くはドイツやトルコなどに逃れて避難生活を送っている。

国民の多くは、シリアを捨てて第三国での生活を希望している。AARではトルコで避難生活を送っているシリア難民の子どもに教育を施し、食料などの物資の支援も行っている。

チャリティーチョコレートは、今年で8回目となる。バレンタインでは、大切な人に贈るチョコレートに加え、異国地の地で不安な毎日を過ごす人たちにも、思いをめぐらせることが平和へ向けた礎になる。1人の善意で多くの難民を救う手助けができる。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キャメルファームのワイナリーが9月4日に完成 北海道余市町

北海道余市町の「キャメルファーム」のワイナリーが9月4日、竣工式を行った。今後、醸造に向けて本格的に作業を進めていく。同ワイナリーは、カルディコーヒーファームを展開するキャメル珈琲グループが運営母体。 …

荷物預かりサービス「ecbo cloak」が北海道初上陸 札幌を拠点に開始

荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営する「ecbo」(東京)は9月6日、北海道に初進出すると発表した。荷物のシェアリングサービスとして、2017年1月に東京でスタート。旅 …

10月28日に日勝峠の通行止めを解除 2016年8月の台風被害から復旧

国土交通省北海道開発局とNEXCO東日本北海道支社は10月24日、台風被害で2016年8月30日から寸断されていた国道274号の日勝峠を10月28日13時から通行止めを解除すると発表した。札幌と十勝圏 …

札幌市議が米国とカナダへ海外視察中 8年ぶりの実施で報告に注目

11人の札幌市議が11月5日~11日の7日間の日程で、米国とカナダへ公費による海外視察中だ。視察の実態にそぐわない批判を受け、2009年に凍結されてから8年ぶりの実施。北海道の主要市では札幌市以外、公 …

「第1回氷室冴子青春文学賞」の募集を開始 岩見沢市の有志が設立

「なんて素敵にジャパネスク」で知られる小説家の氷室冴子氏(享年51)の功績をたたえた「氷室冴子青春文学賞」が創設された。氷室氏の地元・北海道岩見沢市の有志が同実行委員会を立ち上げて主催。2018年1月 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載