北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

深谷市長選挙2018結果速報 立候補者の経歴や公約、情勢や予想も

投稿日:2018年1月23日 更新日:

任期満了に伴う埼玉県深谷市長選挙は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補者は、3選を目指す現職の小島進氏(57)=自民、公明推薦=、元埼玉県議で新人の加藤裕康氏(72)、福祉施設を経営する新人の加藤利江氏(69)の3人。立候補者の詳細や情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




JR深谷駅(出典:フォト蔵)

深谷市長選挙速報

小島    進氏◎ 得票数29645 当選
加藤 裕康氏  得票数6739
加藤 利江氏  得票数10852
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=苦戦、無印=評価対象外
※1月28日確定=投票率40.25%

深谷市長選は小島氏が3選を果たした。

立候補者のプロフィルや主な経歴など

小島氏は埼玉県立本庄高を卒業後、父親が創業した神田屋商店に入社。1996年に深谷市議選で初当選し、3期連続で務めて市議会議長などを歴任。2007年の3期目途中で辞職し、埼玉県議選に出馬して初当選した。10年に民主、みんなの党、連合埼玉の推薦を受け、現職候補を退け、深谷市長選に初当選。14年に再選した。

加藤裕氏は小樽商大商学部を卒業後、埼玉銀行(りそな銀行)に入行。支店長などを務め、本社副部長職を歴任した銀行マンだ。1992年に47歳で退職後、95年の深谷市議選に初出馬し、当選を果たした。99年埼玉県議選では自民公認で出馬し、初当選を果たして3期務めている。15年4月の同県議選では自民公認で落選している。

加藤利氏は深谷女子高を卒業。深谷市議を4期務め、副議長も歴任している。福祉支援に関する事業を手掛け、経営するカラオケ店で障害者を雇用するなど、福祉行政に対する知見を持ち合わせている。2012年には介護用品販売などを手掛ける民間会社の顧問に就任した。現在は福祉施設を多角的に経営している。

◇小島 進(こじま・すすむ)氏

出典:深谷市

生年月日:1960年10月3日
出身地   :埼玉県深谷市
出身校 :埼玉県立本庄高
主な経歴 : 深谷市長(2期)、埼玉県議(1期)、深谷市議(3期)

◇加藤 裕康(かとう・ひろやす)氏

出典:自民埼玉県連

生年月日:1945年7月20日
出身地   :埼玉県熊谷市
出身校 :小樽商大商学部
主な経歴 : 埼玉県議(3期)、深谷市議(1期)、埼玉銀行(現りそな銀行)

◇加藤 利江(かとう・としえ)氏

出典:深谷市

生年月日:1948年12月26日
出身地   :埼玉県深谷市
出身校 :深谷女子高
主な経歴 : 福祉施設経営、深谷市議(4期)

立候補者の主な公約や主張など

▽小島氏
・花園IC拠点整備プロジェクトの推進
・新市庁舎建設の推進
・未来に続く深谷市のまちづくりを目指す

▽加藤裕氏
・全国一の農業先進都市などを市政の柱に
・将来的に深谷氏、熊谷市などの大里郡の合併を目指す
・市政の転換に来ており、利権構造を打破して市の健全な発展を目指す

▽加藤利氏
・花園IC拠点整備に50億円の税金を投入する事業に反対
・税金投入の是非を問う選挙にしたい
・花園IC拠点整備は民間から資金を活用する事業に転換する

選挙の争点や情勢、予想などを解説

深谷市長選の争点は、関越自動車道花園インターチェンジ(IC)周辺で、市が展開している拠点整備計画だ。この周辺に国内最大級のアウトレットモールの誘致を目指して、まちを活性化させる構想を描いている。事業計画の是非をめぐり、推進派の小島氏と反対派の加藤利氏で対立している構図だ。加藤裕氏は明確な立場を明かしていない。

選挙戦は現職vs新人2人の戦いだが、小島氏の3選が有力だ。支持基盤の底堅さがあり、前回14年市長選でも圧勝している。加藤裕氏の政策はやや照準がぼやけている。加藤利氏は現職の政策に反対する典型の選挙パターンで、独自の政策が乏しい。加藤利氏は同市長選に女性候補の立候補が初めてと、強調している。

1月28日の投票時間は7~20時で、21時から「深谷市総合体育館(深谷ビッグタートル)」で即日開票する。1月20日現在の選挙人名簿登録者数は11万9751人。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

幸手市長選挙2019開票結果速報 立候補者の情勢予想・公約・経歴

前市長の辞職に伴う埼玉県幸手(さって)市長選挙は9月29日、告示された。投開票は10月6日。立候補を届け出たのはともに無所属で、元大学教授の池田智子氏(55)と、元幸手市助役の木村純夫氏(68)の2人 …

福島県議選(福島市選挙区)2019結果速報 立候補者の当落や情勢

任期満了に伴う福島県議会議員選挙(定数58)は10月31日、告示された。投開票は11月10日。定数を17上回る75人が立候補を届け出た。福島市選挙区では、定数8を2人上回る10人が立候補。福島県議選の …

山口県知事選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う山口県知事選挙は1月18日、告示された。投開票は2月4日。立候補者は、同県教職員組合委員長で新人の熊野譲氏(64)=共産、社民推薦=と、再選を目指す現職の村岡嗣政氏(45)=自民、公明推 …

黒部市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想

任期満了に伴う富山県黒部市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同市議会議長の川上浩氏(62)、元同県議会議長の大野久芳氏(69)、元同市議会副議長の川本 …

美濃加茂市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

受託収賄罪などで有罪が確定し、藤井浩人前市長(33)の辞任に伴う岐阜県美濃加茂市長選挙は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補したのは、ともに新人で副市長の伊藤誠一氏(61)と、市内で喫茶店 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載