北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

名護市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年1月29日 更新日:

任期満了に伴う沖縄県名護市長選は1月28日、告示された。投開票は2月4日。立候補者は、3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民推薦、立憲支持=と、元同市議で新人の渡具知武豊氏(56)の2人。立候補者の詳細や情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




移設を反対する市民ら(出典:琉球新報)

名護市長選挙速報

稲嶺   進氏〇 得票数16931
渡具知 武豊氏△ 得票数20389 当選
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=苦戦、無印=評価対象外

※2月4日確定=投票率74.92%

名護市長選は新人の渡具知武豊氏が初当選した。

▽関連記事
南城市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も
八重瀬町長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

立候補者のプロフィルや主な経歴など

稲嶺氏は1971年に琉球大法文学部を卒業。72年に名護市役所に入り、総務部長や収入役を歴任した。2005年に同市教育長に就任している。10年の市長選では、辺野古への移設に反対を公約に掲げて初当選し、14年も同じく再選した。

渡具知氏は第一経済大(現日本経済大)を卒業。保険代理店の経営などを経て、1998年に名護市議に初当選して5期務めた。市議会では自民系会派の「礎之会」の会長などを務めていた。市議時代には、基地の移設を容認していた。

◇稲嶺 進(いなみね・すすむ)氏

出典:名護市

生年月日:1945年7月17日
出身地   :沖縄県名護市
出身校 :琉球大法文学部
主な経歴 : 名護市長(2期)、名護市教育長、同収入役

◇渡具知 武豊(とぐち・たけとよ)氏

出典:本人公式HP

生年月日:1961年8月12日
出身地   :沖縄県名護市
出身校 :第一経済大(現日本経済大)
主な経歴 : 名護市議(5期)、保険代理店経営

立候補者の主な公約や主張など

▽稲嶺氏
・政府が丸抱えで(渡具知氏)応援しているのは辺野古への移設のため
・子どもの未来のため、辺野古に基地を造らせない
・安心、安全なまちづくりをするのが市長の最大の役目

▽渡具知氏
・一つの問題にこだわり、この8年で市民の暮らしは良くなっていない
・基地の移設は国と県の裁判に注視していきたい
・地域振興を推進させて活気あるまちづくりを目指す

選挙の争点や情勢、予想などを解説

名護市長選の争点は、在沖縄米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の「YES」vs「NO」についてだ。移設反対派の稲嶺氏は翁長雄志・沖縄県知事ら「オール沖縄」が支援している。渡具知氏は移設を推進させたい自民ら与党勢力が支援している。論点が明確な一騎打ちだ。

辺野古の移設が名護市長選の争点になったのは6回目だ。容認(賛成)派が1998年から3回勝利している。反対派は2010年と14年で稲嶺氏の当選で連勝している。今回も稲嶺氏の3選が有力だ。

沖縄県内で歯止めがきかない米兵による犯罪や米軍機の事故、ヘリコプターから小学校への部品落下事件もある。続発する米軍ヘリの事故で前内閣府副大臣の松本文明氏が国会の質問で「それで何人死んだんだ」と、ヤジを飛ばして即座に更迭された。失言騒動もあり、渡具知陣営にとって強い逆風となっている。

▽2010年名護市長選(投票率76.96%)
得票数17950 当選 稲嶺  進氏=辺野古へ基地移設を反対
得票数16362     島袋 吉輪氏=辺野古へ基地移設を容認

▽2014年名護市長選(投票率76.71%)
得票数19839 当選 稲嶺  進氏=辺野古へ基地移設を反対
得票数15684     末松 文信氏=辺野古へ基地移設を容認

2月4日の投票時間は7~20時で、即日開票する。1月27日現在の選挙人名簿登録者数は4万9372人(男2万4331人、女2万5041人)。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

昭和町長選挙2019開票・結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

任期満了に伴う山梨県昭和長選挙は2月12日、告示された。投開票は同17日。立候補者はともに無所属の新人で、元昭和町議の堀門太氏(44)と、元山梨県議の塩沢浩氏(58)の2人。新人の一騎打ちとなった。現 …

八幡平市議会議員選挙2018結果速報 立候補者の当落、投票・開票情報

任期満了に伴う岩手県八幡平市議会議員選挙は4月22日、告示された。投開票は同29日。定数20に対し、22人の立候補者が届け出た。八幡平市議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況を伝える。スポンサーリ …

府中市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う広島県府中市長選挙は4月15日、告示された。投開票は同22日。立候補者はいずれも無所属で、再選を目指す現職の戸成義則氏(77)と、新人で元同市議の小野申人氏(61)の2人。府中市長選挙の …

三種町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う秋田県三種(みたね)町長選挙は5月8日、告示された。投開票は同13日。立候補者はいずれも無所属で、新人で元国会議員秘書の田川政幸氏(46)と、3選を目指す現職の三浦正隆氏(65)の2人。 …

新島村長選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

任期満了に伴う東京都新島村長選挙は9月24日、告示された。投開票は同29日。立候補を届け出たのは共に無所属で、元新島副村長で新人の大沼弘一氏(63)と、再選を目指す現職の青沼邦和氏(66)の2人。新島 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載