北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

利府町長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年2月4日 更新日:

任期満了に伴う宮城県利府町長選挙は2月13日、告示された。投開票は同18日。立候補者はいずれも新人で、元町議会副議長の羽川喜冨(56)、元同町職員の大野尊行(44)、前参院議員の熊谷大(43)、元同町議の吉田裕哉(40)の4氏。現在5期目の現職の鈴木勝雄氏は引退する。町政史上最多の選挙戦になった。立候補者の詳細や情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




表松島の「馬の背」

利府町長選挙速報

羽川 喜冨氏〇 得票数3652
大野 尊行氏△ 得票数1624
熊谷  大氏〇 得票数5922 当選
吉田 裕哉氏△ 得票数2053
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=苦戦、無印=評価対象外
※投票率45.69%

立候補表明者のプロフィルや主な経歴など

▽羽川氏
羽川氏は東北学院大を卒業。宮城県議の秘書などを経て、2007年に利府町議選で初当選し、連続3選を果たしている。副議長として、町議会の議事進行の中枢で活動してきたキャリアもあり、町政全般を把握している。

▽大野氏
東北福祉大社会教育学科を卒業。電子機器会社勤務を経て、1998年に利府町役場に採用された。環境衛生、生涯体育、会計、漁港の維持・管理部門を経て、都市整備課主幹を最後に2017年12月末で町長選出馬に向けて退職した。

▽熊谷氏
八千代国際大(現秀明大)を卒業後、東北大大学院を修了。起業家、フリーターなどを経て、仙台市内の市立中学で英語講師として勤務。その後、松下政経塾を卒塾し、2010年参院選に自民党から出馬して初当選。16年の参院選では落選した。

▽吉田氏
仙台二高を卒業。仙台市内の介護施設職員など経て、2007年の利府町議選で初当選した。その後、3期連続で町議を務めた。3期目の任期途中で町長選出馬のため、辞職。障害者支援活動の町民団体会長なども務めている。

◇羽川 喜冨(はがわ・よしとみ)氏

生年月日:1961年6月26日
出身地 :仙台市
出身校 :東北学院大
主な経歴 : 利府町義(3期)、同町議会副議長、宮城県議秘書

◇大野 尊行(おおの・たかゆき)氏

生年月日:1973年9月
出身地   :青森県八戸市
出身校 :東北福祉大社会教育学科
主な経歴 : 利府町都市計画課主幹、民間企業勤務

◇熊谷 大(くまがい・ゆたか)氏

生年月日:1975年2月16日
出身地   :仙台市
出身校 :東北大大学院
主な経歴 : 参院議員(1期)、中学英語講師、松下政経塾

◇吉田 裕哉(よしだ・ゆうや)氏

生年月日:1977年6月28日
出身地 :宮城県利府町
出身校 :仙台二高
主な経歴 : 利府町義(3期)

立候補者の主な公約や主張など

▽羽川氏
「町民に寄り添った町政の運営を目指す。町政に町民の声を反映させるための方策として、ワークショップなどを開いていきたい」
・少子高齢化による人口減少対策として、子育て環境の拡充
・文化複合施設建設はコストや設計を見直し、建設を進めていきたい
・住民参加型の町政を推進に向け「協働まちづくりデザイン課(仮称)」を新設

▽大野氏
「公共交通、交通インフラを改善させたい。多額の財政負担となる文化複合施設は再検討し、図書館建設は進めたい」
・20年の町職員としての経験を町政運営に生かしたい
・文化複合施設の建設は費用を精査して見直しに向けて検討したい
・JR増便、町民バスの利便性の向上、自動車の渋滞改善に向けて施策の実行

▽熊谷氏
「議員時代、東日本大震災の復興に携わってきた。人口増となっている現町長の手腕を参考に、町政を継続して発展させたい」
・小学校の給食費無料化を実現させ、子どもの学力向上に取り組む
・図書館併設の文化複合施設計画の推進
・公道を利用したモータースポーツ(F1)誘致、観光開発などまちの活性化と知名度増

▽吉田氏
「町民が参画できるようなまちづくりをしたい。多額な予算を投じる文化複合施設の整備を見直し、子育て支援を充実させたい」
・財政健全化に向け、文化複合施設建設の見直し
・子ども医療費無料化、待機児童の解消、教育無償化の流れを加速
・協働のまちづくりへ向けた「町政懇談会」を設定、政策や事業に町民も参画

選挙の争点や情勢、予想などを解説

利府町長選の争点は、大きな予算が動く文化複合施設の建設計画の是非。町民がどのように判断するのか注目される。現状では「賛成」「反対」「見直し・検討」など、4氏の見解や主張が分かれている。

情勢を予想すると、前参院議員の熊谷氏が知名度に勝り、現職の鈴木氏の事実上の後継指名を受けている。元町議会副議長の羽川氏は町議や地元有力者らが支え、直実に票固めをしてくると予想される。選挙戦はこの2氏を中心に、繰り広げられそうだ。

2月18日の投票時間は7~20時で、即日開票する。投票日当日の選挙人名簿登録者数は2万9223人(男1万4202人、女1万5021人)。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

加西市長選挙2019開票・結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

任期満了に伴う兵庫県加西市長選挙は5月12日に告示された。当開票は同19日。立候補を届け出たのは、はいずれも無所属で、元加西市長で情報処理会社代表の中川暢三氏(63)、3選を目指す現職の西村和平氏(6 …

津南町長選挙2018開票速報 31歳の桑原悠氏が全国最年少町長を目指す

任期満了に伴う新潟県津南町長選挙は6月19日、告示された。投開票は同24日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同町議の半戸哲郎氏(67)、元信用組合職員の高橋真二氏(57)、元同町議会副議長の桑原悠 …

三芳町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う埼玉県三芳町長選挙は12月16日の投開票を迎えた。立候補者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の林伊佐雄氏(61)=自民、公明推薦=と、新人で元同町議の菊地浩二氏(51)の2人。三芳町長 …

日光市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う栃木県日光市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同市議の大嶋一生氏(53)、薬剤師で会社社長の長谷川敬氏(49)、元同市議会議長の斎藤敏夫 …

新潟県知事選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙は5月24日、告示された。投開票は6月10日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同県五泉市議の安中聡氏(40)、元海上保安庁次長で元同県副知事の花角英世氏(6 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載