北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

香春町長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年2月7日 更新日:

任期満了に伴う福岡県香春(かわら)町長選は2月6日、告示された。投開票は同11日。立候補者は、いずれも無所属新人の元同町議で村上寿利(62)、藤井清孝(63)、筒井澄雄(70)=自民、公明推薦=の3氏。新人による三つどもえ戦となった。立候補者の詳細や情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上





香春町長選挙速報

村上 寿利氏△ 得票数1902
藤井 清孝氏△ 得票数1122
筒井 澄雄氏〇 得票数2868 当選
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=苦戦、無印=評価対象外
※投票率62.62%

立候補者のプロフィルや主な経歴など

村上氏は福岡大体育学部を卒業後、元福岡県飯塚市職員や福岡地所などに勤務した。同町移住後、2013年の香春町議選に出馬し、初当選して1期務めた。

藤井氏は町内で呉服店を経営。2005年の同町議選に出馬し、初当選して連続で2期務めた。前回14年町長選は2270票で、3251票の現職の加治忠一氏に大差で敗れた。

筒井氏は会社員経験を経て、2005年の同町議選に出馬し、初当選して連続で3期務めた。3期目に町議会議長に就任した。

◇村上 寿利(むらかみ・ひさとし)氏

生年月日:―
出身地   :福岡県香春町
出身校 :中京大大学院
主な経歴 : 香春町議(1期)、飯塚市職員

◇藤井 清孝(ふじい・きよたか)氏

生年月日:1954年2月18日
出身地   :福岡県香春町
出身校 :―
主な経歴 : 香春町議(2期)、呉服店経営

◇筒井 澄雄(つつい・すみお)氏

生年月日:1947年10月1日
出身地   :福岡県香春町
出身校 :福岡県立田川農林高
主な経歴 : 香春町議(3期)、香春町議会議長

立候補者の主な公約や主張など

▽村上氏
「定住者を増やすため、企業誘致を目指す。年間100社の企業訪問をしたい。まちをおもしくしていきたい」
・小中学校の再編は必要だが、資金が想定以上。細かく開示しながら進めたい
・観光は耕作放棄地で体験農園、空き家を宿泊施設に活用したい

▽藤井氏
「人口減少対策は、田川全体で取り組む課題。北九州や福岡の若者、高齢者に住んでもらえるちづくりが必要」
・小中学校の再編は必要であくまで子どもが主役
・自然、景観、伝統などの観光資源の創出

▽筒井氏
「現町政の学校再編の事業を引き継ぐ。農業、工業の後継者発掘を進め、活力あふれるまちにしていきたい」
・JR香春駅周辺の空き地を活用し、商工会と連携して商業を促進
・小中学校の統合を推進、中学生までの医療費の無料化

選挙の争点や情勢、予想などを解説

香春町長選の争点は、急速に進む少子高齢化による人口減少対策。町の発展に大きく関わってきた石炭やセメント産業が撤退した後、町全体が衰退していった。同町は政令市の北九州市に隣接。この位置関係を生かした活性化をはじめ、若年層らの移住・定住へ向けた魅力あるまちづくりなどをめぐって、論戦を展開している。

もう一つが学校再編の問題。町内4小学校と2中学校を1校に統合する小中一貫校の開校を2021年4月とし、1年遅らせた。熊本地震、九州豪雨、東京五輪・パラリンピックなどの建築需要の高まりを受け、人件費などが高騰したことが背景にある。当初の35億円の総事業費を数億円上回っている。町に負担のない予算配分の模索も懸案事項になっている。

情勢を予想すると、自公の推薦を受けている筒井氏が選挙戦をリードするとみられる。2月6日の告示後の第一声では、筒井陣営に引退する加藤忠一町長が応援に駆けつけた。村上、藤井各氏の追い上げも必至で、現状では明確な優劣を判断するのが非常に難しくなっている。

2月11日は投票時間が7~18時で、19時から「香春町生涯学習センター(フレッシュワークかわら)」で即日開票する。2月5日現在の選挙人名簿登録者数は9651人。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

高萩市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う茨城県高萩市長選挙は2月4日、投開票される。立候補者はともに無所属で、再選を目指す現職の小田木真代氏(54)=自民、公明、希望、民進推薦=、元同市職員で新人の大部勝規氏(59)の2人。現 …

北斗市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

高谷寿峰市長(享年65)の死去に伴う北斗市長選挙は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補者はいずれも無所属の新人で、前同市議の新関一夫氏(62)、同市議会議長の池田達雄氏(58)の2人。立候 …

燕市長選挙2018結果速報 現職の鈴木力氏が無投票で3選を果たす

任期満了に伴う新潟県燕市長選挙は4月1日に告示された。立候補したのは、3選を目指す現職の鈴木力氏(57)以外になく、無投票で当選が決まった。鈴木氏は初当選から3選連続で無投票当選となった。県内の市長選 …

会津若松市長選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢や予想

任期満了に伴う福島県会津若松市長選挙は7月28日、告示された。投開票は8月4日。立候補者はいずれも無所属で、新人で元福島県議会議長の平出孝朗氏(62)、3選を目指す現職の室井照平氏(63)=自民、公明 …

竜王町議選2019結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

任期満了に伴う滋賀県竜王町議会議員選挙(定数12)は9月10日、告示された。投開票は同15日。15人が立候補者を届け出た。竜王町議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。スポンサー …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載