北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

四街道市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年2月12日 更新日:

任期満了に伴う千葉県四街道市長選挙は2月11日、告示された。投開票は同18日。立候補者は、3選を目指す現職の佐渡斉氏(64)、元同市議で新人の広瀬義積氏(63)、元派遣社員で新人の山田耕史氏(30)の3人。立候補者の公約や経歴、情勢予想などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上





四街道市長選挙速報

佐渡  斉氏〇 得票数15868 当選
広瀬 義積氏△ 得票数  8882
山田 耕史氏  得票数  1150
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=苦戦、無印=評価対象外
※投票率34.63%

立候補者のプロフィルや主な経歴など

▽佐渡氏
1978年3月に明治大政治経済学部を卒業し、四街道市職員に採用された。2007年の千葉県議選に四街道選挙区から無所属で出馬して初当選した。10年に現職の辞任により、四街道市長選に無所属で出馬し、4候補を破って初当選。14年に再選した。

▽広瀬氏
1975年3月に山梨県立機山工高を卒業。日本電信電話公社(現NTT)の船橋電報電話局、NTT東日本千葉支店116センターなどに勤務した。88年の四街道市議選で初当選し、連続8選を果たしている。市議会議長なども歴任している。民進党に所属していた。

▽山田氏
明星大を卒業。2016年に共産党印旛地区委員会に入党し、市長選出馬に向けて離党した。派遣社員や空調設備会社の社員として勤務歴がある。党在籍時に知事選や衆院選の支援作業を行い、多額の選挙費用がかかることに疑問を持ち、出馬を決意した。

◇佐渡 斉(さど・ひとし)氏

生年月日:1953年9月25日
出身地   :広島県竹原市
出身校 :明治大政経学部
主な経歴 : 四街道市長(2期)、千葉県議(1期)

◇広瀬 義積(ひろせ・よしづみ)氏

生年月日:1954年8月27日
出身地   :山梨県県塩山市(現甲州市)
出身校 :山梨県立機山工高電気科
主な経歴 : 四街道市議(8期)、市議会議長、日本電信電話公社、NTT東日本千葉支店

◇山田 耕史(やまだ・こうじ)氏

生年月日:―
出身地   :―
出身校 :明星大
主な経歴 : 派遣会社社員、空調設備会社社員

立候補者の主な公約や主張など

▽佐渡氏
「(初当選した)8年前から子育て日本一のまちを目指し、福祉や教育を重点的にやってきた。行財政改革と並行し、さらに拡充していきたい」(2月11日の第一声)
・若年世代の移住・定住へ向けた施策の推進、高齢者に優しいまちづくり
・老朽化した市庁舎や武道館の建て替え、次期ごみ処理施設の建設をそれぞれ推進
・老朽化が進む千代田中、八木原小の改修・補修を推進

▽広瀬氏
「財政の健全化は急務で、今の口先だけの市政にレッドカードを突き付けて、丸洗いをしたい。高齢化対策として、介護予防に取り組みたい」(2月11日の第一声)
・都市計画道路の凍結、ごみ運搬処理事業を随意契約から競争入札化で年間計6億円の削減
・次期ごみ処理施設用地への利益供与疑惑を調査する第三者委員会の設置
・医療保険を削減するため、健康寿命を延ばす市民・行政・医療・介護の連携強化

▽山田氏
「市長になったら半年間、市長の給与を半分する。市長選に関心がなくても、四街道を変えたいと思っている人は、ぜひ投票してほしい」(2月11日第一声)
・財政健全化のため、身を持って市長給与を半年間、月額の半分にする
・ふるさと納税の返礼品を工夫し、税収による市の収入増を図る
・若者も政治に関心を持ってもらうため、お金のかからないよう選挙の仕組みを変える

選挙の争点や情勢、予想などを解説

四街道市長選の争点は、市の財政健全化へ向けた取り組み、次期ごみ処理場建設計画の是非など。緊縮財政が叫ばれる中、市庁舎の建て替えについての賛否もある。まちの未来像を現状の課題を抱えながら、各立候補者がどのように描いているかに、市民の関心が集まる。

情勢予想は、現職の佐渡、広瀬各氏の一騎打ちになる公算が大きい。山田氏は無党派層や浮動票に加え、若年層への訴求や浸透が選挙戦のポイント。選挙ビラを作成せず、選挙戦でSNSなどを活用する。

2月18日の投票時間は7~20時で、21時から「四街道市総合公園体育館」で即日開票する。2月10日現在の選挙人名簿登録者数は7万6477人(男3万7738人、女3万8739人)。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

東大阪市長選2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

任期満了に伴う東大阪市長選挙は9月22日、告示された。投開票は同29日。立候補を届け出たのは、無所属で4選を目指す現職の野田義和氏(62)、無所属新人で元東大阪市議の浜正幸氏(67)=共産推薦=、NH …

長野市議選2019結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

任期満了に伴う長野市議会議員選挙(定数39)は9月8日、告示された。投開票は同15日。52人が立候補者を届け出た。長野市議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。スポンサーリンク …

幸手市長選挙2019開票結果速報 立候補者の情勢予想・公約・経歴

前市長の辞職に伴う埼玉県幸手(さって)市長選挙は9月29日、告示された。投開票は10月6日。立候補を届け出たのはともに無所属で、元大学教授の池田智子氏(55)と、元幸手市助役の木村純夫氏(68)の2人 …

上里町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う埼玉県上里町長選挙は4月17日、告示された。投開票は同22日。立候補者はともに無所属の新人で、元同町議の戸矢隆光氏(65)=自民推薦=と、元同町議の山下博一氏(70)の2人。現職の関根孝 …

喜多方市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う福島県喜多方市長選挙は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補者は、ともに無所属新人で、元同市建設部長で会社役員の菅野康裕氏(62)、元福島県議の遠藤忠一氏(70)の2人。立候補 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載