北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

上田市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年3月14日 更新日:

任期満了に伴う長野県上田市長選挙は3月18日、告示された。投開票は同25日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元衆院議員の寺島義幸氏(64)、 前同市議会議長の土屋陽一氏(61)、元共産党同市議の金井忠一氏(67)の3人。現職の母袋(もたい)創一市長(65)は、3期目で引退する。立候補者の詳細や情勢予想、投票・開票結果を伝える。上田市はNHKの大河ドラマ「真田丸」の舞台でも知られる。

スポンサーリンク

右上

右上




上田城

上田市長選挙速報

寺島 義幸氏〇 得票数27546
土屋 陽一氏△ 得票数29131 当選
金井 忠一氏    得票数17459
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=やや苦戦、無印=評価対象外
※投票率57.38%

上田市長選は、新人の土屋氏が同じく新人の寺島、金井両候補を破り、初当選した

上田市長選挙の有権者や投票の詳細

3月25日の投票時間は7~20時で、88投票所で行われ、即日開票する。3月1日現在の選挙人名簿登録者数は13万741人(男6万3593人、女6万7148人)。任期満了日は4月8日。

▽期日前投票
期間:3月19日~3月24日
時間:8時半~20時(一部投票所で時間が異なる)
投票所:上田市役所東庁舎ほか7カ所

▽上田市メモ
位置:長野県東部の中核都市としての性質を持つ
人口:15万8420人(2018年年3月1日現在)
特色:信州の鎌倉とも言われ、歴史的な文化が薫るまち
名産品:上田紬(つむぎ)、リンゴ、米、野菜

選挙の争点や情勢、予想などを解説

上田市長選の争点は、ごみ処理施設計画の循環型施設建設のスムーズな計画立案と着工に重点が置かれる。大型公共事業のかじ取り役として、各氏の政策や主張を基に市民が新たな市政のリーダーを選ぶことになる。

情勢を予想すると、各氏の政策や主張に大きな対立軸はないとみられる。優劣を決定づけるのは、支持基盤の強弱になる。寺島氏は国政経験を掲げて母袋市政の継続を前面に出し、議長経験を有して市議のキャリアのある土屋氏との事実上の一騎打ちになるとみられる。

立候補者のプロフィルや主な経歴など

◇寺島 義幸(てらしま・よしゆき)氏

生年月日:1953年8月28日
出身地   :長野県立科町
出身校 :成城大経済学部
主な経歴 : 衆院議員(1期=長野3区)、長野県議(6期)、同議長

成城大経済学部を卒業後、民間企業に就職。羽田孜元首相の秘書を務め、1991年の長野県議選に初当選して6期務めた。12年衆院選に民主党公認で初当選。14、17年の衆院選で落選。18年2月に母袋氏の後継指名を受け、上田市長選に出馬表明した。

◇土屋 陽一(つちや・よういち)氏

生年月日:1956年10月28日
出身地   :長野県上田市
出身校 :早稲田大第一文学学部
主な経歴 : 上田市議(通算7選)、同市議会議長

早稲田大第一文学部を卒業。上田市に採用され、教育委員会の中央、塩田公民館、総務部企画課で勤務。1990年に退職後、91年の上田市議選に初当選して連続4選。合併後の06年、10年、14年の同市議選で3選、同市議会議長を2期務めた。

◇金井 忠一(かない・ちゅういち)氏

生年月日:1950年7月14日
出身地   :長野県上田市
出身校 :長野県立上田東高
主な経歴 : 上田市議(5期)、同市職員、市労組副委員長

長野県立上田東高校を卒業。1970年に上田市に採用され、25年間市職員を務めた。95年に同市議選に出馬して初当選し、連続5選を果たした。前回14年の市長選に出馬したが、現職の母袋氏に約1万5000票差で敗れている。

立候補者の主な公約や主張など

▽寺島氏
「母袋市が築いた土台を生かし、上田市に恩返しさせていただきたい」
・母袋市政の継続をベースに新たな施策の実現
・経済政策に力を入れ、雇用創出を実現させる
・子育て支援策を充実させ、教育福祉政策の充実

▽土屋氏
「市議として活動してきた経験や人脈を生かし、新たなまちづくりを目指す」
・ごみ処理場の建設計画の推進
・信州上田医療センターを核とした地域医療体制の充実
・「商工農観」のバランスの取れた振興策を実現

▽金井氏
「上田市の活性化を目指し、ごみ問題の解決に全力を挙げて取り組む」
・「統合ごみ処理施設」建設計画の推進
・信州上田医療センターのさらなる体制強化
・子育て支援、高齢者福祉を充実させて住みよいまちづくりの実現

前回の上田市長選の状況

▽2014年3月30日執行=投票率56.87%
▽当日有権者数=12万7560人
男:6万1742人
女:6万5818人

母袋 創一氏 得票数43271 当選
金井 忠一氏 得票数27829

母袋氏が1万5000票以上の大差をつけて、前共産党市議の金井氏に圧勝し、3選を果たした。母袋氏は自民、民主、公明、結いの党から推薦を受けた。金井氏は共産党や市民有志が支援した。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

滑川市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う富山県滑川市長選挙は2月4日、投開票される。立候補者はともに無所属で、元同市議で副議長を務めた新人の水野達夫氏(54)と、3選を目指す現職の上田昌孝氏(74)の2人。現職と新人の一騎打ち …

燕市長選挙2018結果速報 現職の鈴木力氏が無投票で3選を果たす

任期満了に伴う新潟県燕市長選挙は4月1日に告示された。立候補したのは、3選を目指す現職の鈴木力氏(57)以外になく、無投票で当選が決まった。鈴木氏は初当選から3選連続で無投票当選となった。県内の市長選 …

大田原市議選2019結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

任期満了に伴う栃木県大田原市議会議員選挙は11月10日、告示された。投開票は同17日。定数21を5人上回る26人が立候補を届け出た。大田原市議選挙の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝え …

常陸大宮市議会議員選挙2018結果速報 立候補者19人の当落、情勢予想

任期満了に伴う茨城県常陸大宮市議会議員選挙(定数18)は7月22日、告示された。投開票は同29日。19人が立候補者を届け出た。常陸大宮市議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。今 …

幸手市長選挙2019開票結果速報 立候補者の情勢予想・公約・経歴

前市長の辞職に伴う埼玉県幸手(さって)市長選挙は9月29日、告示された。投開票は10月6日。立候補を届け出たのはともに無所属で、元大学教授の池田智子氏(55)と、元幸手市助役の木村純夫氏(68)の2人 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載