北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

京都府知事選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年3月22日 更新日:

任期満了に伴う京都府知事選挙は3月22日、告示された。投開票は4月8日。立候補者はいずれも無所属の新人で、前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)=自民、民進、公明、立憲民主、希望の党推薦=、弁護士の福山和人氏(57)=共産推薦=の2人。16年ぶりの新人対決となった。4期目の現職の山田啓二氏(63)は引退する。立候補者の詳細や情勢予想、投票や開票状況などを伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




金閣寺

京都府知事選挙速報

西脇 隆俊氏〇 得票数402046 当選
福山 和人氏△ 得票数317356
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=やや苦戦、無印=評価対象外
※投票率35.18%

新人同士の対決は前復興庁事務次官の西脇氏が、福山氏を破り、初当選を決めた。

京都府知事選挙の有権者や投票の詳細

4月8日の投票時間は7~20時(一部投票所で繰り上げ)で、即日開票する。大勢判明は23時ごろの見通し。3月22日現在の選挙人名簿登録者数は212万8373人(男100万7392人、女112万981人)。任期満了日は4月15日。

▽期日前投票
期間:3月23日~4月7日
時間:8時半~20時
投票所:京都府内各所

▽京都府メモ
位置:近畿地方に属し、福井、三重、滋賀など6府県に隣接
人口:259万6890人(2018年2月1日現在)
特色:鹿苑寺(金閣寺)などの歴史遺産が点在している
府庁所在地:京都市

選挙の争点や情勢、予想などを解説

京都府知事選挙の争点は、少子高齢化に伴う人口減少対策、4期16年の山田県政の継続か刷新かも挙げられる。北陸新幹線の延伸、道路や河川を含めた公共工事によるインフラの整備などもポイントになる。震災に備えたまちづくりも重要項目だ。

もう一つの争点が、論議が盛んになっている京都スタジアムの是非。亀岡市に建設中の2020年完成予定の球技専用スタジアムで、本体工事費だけで130億円の一大事業だ。西脇氏は地域活性化の観点から推進を強調。福山氏は財政リスクなどを見直し、建設を撤回することも視野に入れている。

情勢を予想すると、西脇氏が優位に選挙戦を展開するとみられる。非共産VS共産の構図で、西脇氏が非共産の与野党相乗りで推薦を得ており、強固な支持基盤を構築。前職の復興庁では、職員のトップを務める事務次官を歴任している。

地元紙が2日までにまとめた世論調査によると、西脇氏が優位に選挙戦を進めている。一方で約4割の有権者が、投票する候補を決めていないという。京都は国政選挙でも議席を獲得するなど、共産系の組織が強いことで知られる。このため、緊迫した選挙戦となっている。

西脇、福山両氏のプロフィルや主な経歴など

◇西脇 隆俊(にしわき・たかとし)氏

生年月日:1955年7月16日
出身地   :京都市
出身校 :東京大法学部
主な経歴 : 復興庁事務次官、国土交通審議官、同総合政策局長

東京大法学部を卒業し、1979年に建設省(現国土交通省)入省。総合政策局長や官房長などを歴任し、16年6月から復興庁事務次官を務めた。

◇福山 和人(ふくやま・かずひと)氏

生年月日:1961年3月5日
出身地   :京都市
出身校 :立命館大法学部
主な経歴 : 弁護士、京都弁護士会副会長

立命館大法学部を卒業。1999年に司法試験に合格し、01年弁護士登録。関西建設アスベスト京都訴訟などを担当し、15年に京都弁護士会副会長に就任した。

西脇、福山両氏の主な公約や主張など

▽西脇氏
「京都府の未来を輝かせるためにも、府民のみなさんの力を貸してほしい」(3月22日の第一声)
・山田府政の継承と発展
・経済成長と雇用の安定のため、中小企業支援を充実
・防災や減災対策の強化し、南海トラフ巨大地震などに備える

▽福山氏
「官僚府政にはできない、府民の生活を全力で応援する新たな府政をつくる」(3月22日の第一声)
・保育園や幼稚園から大学までのオール無償化を目指す
・時給1500円を目指し、ブラック・ゼロ京都を目指す
・福井原発群に近い京都から原発再稼働反対、廃炉を推進する

前回の京都府知事選の状況

▽2014年4月6日=投票率34.45%
山田 啓二氏 得票数481195 当選
尾崎  望氏 得票数215744

現職の山田氏が、共産推薦の新人で医師の尾崎氏を大差で破り、4選を果たした。主な争点は3期12年の山田府政の評価、リニア中央新幹線の京都誘致など。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鴻巣市長選挙2018開票結果速報 原口和久氏vs細川英俊氏の情勢予想

任期満了に伴う埼玉県鴻巣市長選挙は6月24日、告示された。投開票は7月1日。立候補者はいずれも無所属で、5選を目指す現職の原口和久氏(65)、前同市議で新人の細川英俊氏(39)の2人。鴻巣市長選挙の立 …

狛江市長選挙2018開票結果速報 立候補者の松原、田中両氏の情勢予想

セクハラ問題で高橋都彦(くにひこ)前市長(66)の辞職に伴う東京都狛江市長選挙は7月15日、告示された。投開票は同22日。立候補者はともに無所属の新人で、元副市長で会社社長の松原俊雄氏(66)=自民、 …

金ケ崎町長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う岩手県金ケ崎町長選挙は2月27日、告示された。投開票は3月4日。立候補者はいずれも無所属で、新人で元同町役場職員の高橋寛寿氏(62)と、4選を目指す現職の高橋由一氏(71)。現職と新人の …

新潟県知事選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙は5月24日、告示された。投開票は6月10日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同県五泉市議の安中聡氏(40)、元海上保安庁次長で元同県副知事の花角英世氏(6 …

高萩市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う茨城県高萩市長選挙は2月4日、投開票される。立候補者はともに無所属で、再選を目指す現職の小田木真代氏(54)=自民、公明、希望、民進推薦=、元同市職員で新人の大部勝規氏(59)の2人。現 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載