北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

和気町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年4月6日 更新日:

任期満了に伴う岡山県和気(わけ)町長選挙は4月3日、告示された。投開票は同8日。立候補者はいずれも無所属の新人で、合同会社代表社員の今西宏康氏(53)、新人で元同町議の草加信義氏(73)=自民、公明推薦=の2人。現職の大森直徳氏(82)は3期目で勇退する。和気町長選挙の立候補者の公約や主張、情勢予想、投票・開票状況を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




町内の藤公園で見ごろを迎える藤の花

和気町長選挙速報

今西 宏康氏〇 得票数2753
草加 信義氏△ 得票数3837 当選
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=やや苦戦、無印=評価対象外

新人同士の対決となった和気町長選は、元町議の草加氏が今西氏を破り、初当選を決めた。

和気町長選挙の有権者や投票の詳細

4月8日の投票時間は7~18時で、町内16カ所の投票所で行い、20時から「町総合福祉センター」で即日開票する。4月2日現在の選挙人名簿登録者数は1万2427人(男5852人、女6575人)。任期満了日は4月15日。

▽期日前投票
期間:4月4日~4月7日
時間:8時半~20時
投票所:2カ所
・和気町役場本庁舎
・和気町役場佐伯庁舎

▽和気町メモ
位置:岡山県南東部に位置している
面積:144.21㎢
隣接:備前市、赤磐市、美作市、美咲町
人口:1万4459人(2018年2月末現在)
観光地:「藤公園」は約100種類の藤の花が咲き誇る
名産品:大黒麺、フルーツ、日本酒
有名人:岩井志麻子(作家)、和気清麻呂(奈良時代の貴族)

選挙の争点や情勢、予想などを解説

和気町長選の争点は、少子高齢化による人口減少対策となる。2017年は人口の社会動態で見ると49人増となり、6年ぶりに増加に転じたが、06年の合併時に比べて約2000人も減少している。総人口に占める65歳以上の割合を示す「高齢化率」は40.2%で、県内で6番目となっている。

町の財政も非常に厳しい状況で、合併特例措置が終了し、地方交付税が段階的に圧縮されている。地方自治体の財務状況を示す「経営収支比率」は90%になり、財政破たんの危険性が出ている。自主財源の確保、産業の活性化、緊縮財政など、次期町政のリーダーに求められる課題は数多い。

情勢を予想すると、年齢的に若く、民間の経営感覚を持つ今西氏が優勢かと思われる。ただし、和気町に移り住んでから日も浅く、どこまで地盤を固めているかが未知数だ。草加氏は3期の町議歴があり、知名度を誇るが、73歳という年齢がウイークポイントになる。

今西、草加両氏のプロフィルや主な経歴など

◇今西 宏康(いまにし・ひろやす)氏

生年月日:1964年5月19日
出身地   :岡山市
出身校 :筑波大
主な経歴 : 合同会社代表社員

筑波大を卒業。会社員などを経て不動産業を主体とする合同会社を経営している。文筆業、農園などの経営も行っている。2017年12月に岡山市から和気町に拠点を移した。

◇草加 信義(くさか・のぶよし)氏

生年月日:1944年12月3日
出身地   :岡山県和気町
出身校 :岡山商科短大
主な経歴 : 和気町議(3期)、同町議会議長、旧和気町総務課長

岡山商科短大を卒業。旧和気町職員に採用され、町総務課長などを務めた。2006年の合併後の翌年に町議選で初当選し、連続3選を果たして議長なども務めた。

今西、草加両氏の主な公約や主張など

▽今西氏
「若者に魅力あるまちづくりを進めていきたい。財政の健全化も重要で、町民に負担をかけない町政運営を目指す」(4月3日告示の第一声)

・地理的にも近く、協力体制を構築しやすい関西との連携
・JR西日本と協力して和気駅の利便性を高め、観光客をたくさん呼び込む
・インバウンド(訪日外国人)の促進に向け、中国や台湾などとの積極的な交流

▽草加氏
「企業誘致を積極的に展開し、雇用と税収を確保する。地域を活性化させ、住み続けたい魅力あるまちづくりを目指す」(4月3日の第一声)

・人口減少対策に向けて、まちを活性化させる
・町内の空き家の有効活用、企業誘致で雇用や定住・移住者の確保
・町のさまざまな委託料を見直し、子育て環境の充実などの財源にあてる

前回の和気町長選の状況

▽2014年4月6日執行=投票率62.61%
大森 直徳氏(78)=現 得票数4665 当選
久井  勲氏(61)=新 得票数3197
※年齢は当時

大森氏が、新人の久井氏を破り、3選を果たした。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

東みよし町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う徳島県東みよし町長選挙は4月3日、告示された。投開票は同8日。立候補者はいずれも無所属新人で、元同町議の松浦明人氏(48)と、住職の長谷川隆法氏(70)、元同町議で製材業の松浦敬治氏(5 …

山ノ内町長選挙2019 現職の竹節義孝氏vs元副町長の小林央氏の対決

任期満了に伴う長野県山ノ内町長選挙は2月19日、告示された。投開票は同24日。立候補者はともに無所属で、4選を目指す現職の竹節義孝氏(71)、新人で元副町長小林央氏(70)の人。山ノ内町長選挙の立候補 …

三島市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う静岡県三島市長選挙は、12月16日に投開票を迎える。立候補者はいずれも無所属で、会社社長で新人の石井真人氏(39)、元県議で新人の宮沢正美氏(69)=自民推薦=、3選を目指す現職の豊岡武 …

防府市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢予想も

任期満了に伴う山口県防府(ほうふ)市長選挙は5月20日、告示された。投開票は同27日。立候補者はいずれも無所属新人で、元同県総務部長の池田豊氏(60)=自民、公明推薦=と、元同市副市長で元県産業戦略部 …

札幌市長選挙2019候補者 現職の秋元克広氏vs弁護士の渡辺達生氏

任期満了に伴う札幌市長選挙(3月24日告示、4月7日投開票)の立候補者の情勢が見えてきた。ともに無所属で再選を目指す現職の秋元克広氏(63)、共産党が支援する団体から弁護士で新人の渡辺達生氏(54)が …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載