北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

北名古屋市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年4月13日 更新日:

任期満了に伴う愛知県北名古屋市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はともに無所属で、4選を目指す現職の長瀬保氏(77)=自民、公明、立憲民主推薦=と、新人で保険代理業の太田孝則氏(50)の2人。北名古屋市長選挙の立候補者の公約や経歴、情勢予想、投票・開票速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上





北名古屋市長選挙速報

長瀬  保氏△ 得票数15637 当選
太田 孝則氏〇 得票数15214

※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率46.12%(過去最低)

北名古屋市長選は、現職の長瀬氏が新人の太田氏を破り、4選を決めた。

【候補者のスコアリング】

▽長瀬氏 
①公約や主張=3
②経歴=3.5
③支持基盤=4
=合計10.5ポイント

▽太田氏
①公約や主張=4
②経歴=3.5
③支持基盤=3.5
=合計11ポイント

※候補者のスコアリングは5段階評価で当サイト独自調査による

有権者や投票の詳細

4月15日の投票は時間が7~20時で、市内24カ所の投票所で行い、21時から「北名古屋市健康ドーム 2階アリーナ」で即日開票する。4月7日現在の選挙人名簿登録者数は6万9067人(男3万4522人、女3万4545人)。任期満了日は4月22日。

▽期日前投票
期間:4月9日~14日
時間:8時半~20時
投票所:北名古屋健康ドーム 2階ミーティング室

▽北名古屋市メモ
位置:愛知県北西部
面積:18.37㎢
隣接:名古屋市、一宮市、小牧市、岩倉市、清須市、豊山町
人口:8万5584人(2018年4月1日現在)
観光地:北名古屋市歴史民俗資料館
名産品:きたなごやの珈琲、烏森せんべい(ふるさと納税の返礼品から)
有名人:稲葉篤紀(元プロ野球選手)、渡辺美奈代(タレント)

選挙の争点や情勢、予想を解説

北名古屋市長選の争点は、子育て支援策の一環とした医療費無償化の拡大について。中学までの拡大の是非、財源の根拠などが問われそうだ。将来的な名古屋市との合併についても、論戦が交わされそうだ。

選挙戦の構図は、合併前の「旧師勝町長・長瀬氏VS旧西原町長・太田氏」となる。長瀬氏は高齢がネックで、世代交代を問う声が議会の内外から出始めている。

太田氏は06年当時の最年少町長でもあり、北名古屋市議では議長も経験。行政運営のキャリアも豊富で、50歳になったばかりの若さが武器になる。

情勢を予想すると、支持基盤の固い長瀬氏だが、それに劣らず太田氏の市民レベルでの支持が拡大している。若年層や無党派層の取り込みが進めば、太田氏の勝利も見えてくる。

候補者のプロフィルや主な経歴など

◇長瀬 保(ながせ・たもつ)氏

生年月日:1940年11月29日
出身地   :愛知県師勝町(現北名古屋市)
出身校 :日本福祉大社会福祉学部
主な経歴 : 北名古屋市長(3期)、旧師勝町長(3期)

日本福祉大社会福祉学部を卒業。1960年に旧師勝町役場に採用され、91年に助役に就任した。95年に師勝町長選で初当選して、連続3期務めた。師勝、西春両町の合併によって誕生した06年北名古屋市長選で初当選し、10年に再選を決め、14年に連続3選を果たしている。

◇太田 孝則(おおた・たかのり)氏

生年月日:1968年4月12日
出身地   :愛知県西春町(現北名古屋市)
出身校 :名城大法学部
主な経歴 : 北名古屋市議(3期)、西春町長(1期)、西春町議(2期)

1991年3月に名城大法学部を卒業し、東京海上火災保険に入社。94年に保険代理店を開業した。99年に旧西春町議選で初当選して2期務めた後、06年の同町長選で38歳の当時の全国最年少町長になった。同年4月に北名古屋市議に初当選して3期務め、09年に議長に就任。

候補者の主な公約や主張など

▽長瀬氏
「市の魅力をさらに高めていきたい。働く世代が住みたくなるようなまちづくりを目指し、教育の充実に加え、女性が安心して働ける環境づくりが大切」

・子ども医療費の無償対象を拡大、小学校の教科担任制度の導入
・済衆館病院と健康ドームを災害時の拠点として整備
・名古屋市との合併を検討

▽太田氏
「世代ごとにしっかりと意見を聞き、まちづくりの参考にしたい。人材育成も重要で、義務教育の副担任制を復活させ、世界で羽ばたく子どもを育てる」

・中学生までの子ども医療費無料化を実現、副担任制度復活
・まちづくり研究会の創設、インターネットアンケートシステムの導入
・事業の検証と見直しによる財政改革

前回の北名古屋市長選の状況

▽2014年4月20日執行=投票率47.81%
長瀬  保氏(73)=現 得票数24326 当選
吉田 祐貴氏(29)=新 得票数 4814

※年齢は当時

前回2014年の北名古屋市長選は、現職の長瀬氏が新人の吉田氏を破り、3選を果たした。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

津南町長選挙2018開票速報 31歳の桑原悠氏が全国最年少町長を目指す

任期満了に伴う新潟県津南町長選挙は6月19日、告示された。投開票は同24日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同町議の半戸哲郎氏(67)、元信用組合職員の高橋真二氏(57)、元同町議会副議長の桑原悠 …

八重瀬町長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う沖縄県八重瀬町長選挙は1月23日、告示された。投開票は同28日。立候補者は、いずれも無所属新人で、前同町議の知念昭則氏(66)と宮城勝也氏(43)、元沖縄県議の新垣安弘氏(62)=自民、 …

平群町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

岩崎万勉町長(享年72)の死去に伴う奈良県平群(へぐり)町長選挙は12月4日、告示された。投開票は同9日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元副町長の西脇洋貴氏(61)、元同町議の山田仁樹氏(57)の …

高山村長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う群馬県高山村長選挙は3月13日、告示された。投開票は同18日。立候補者はいずれも無所属で、新人で元同村議(3期)の平形富二夫氏(67)と、再選を目指す現職の後藤幸三氏(70)の2人。20 …

小川町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う埼玉県小川町長選挙は5月22日、告示された。投開票は同27日。立候補者は、無所属で元同町議の新人・高瀬勉(33)、再選を目指す無所属で現職の松本恒夫氏(71)、諸派で政治団体代表の新人・ …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載