北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

沼津市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年4月26日 更新日:

大沼明穂市長の死去に伴う静岡県沼津市長選挙は4月22日、告示された。投開票は同29日。立候補者はいずれも無所属新人で、5候補が乱立している。▽元同市議の山下富美子氏(64)▽元同市議の加藤元章氏(54)▽人材派遣会社社長の渡辺大輔氏(36)▽元同市議会議長の頼重秀一氏(49)=自民、民進推薦▽道路企画会社社長の土倉章晴氏(73)。沼津市長選挙の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




沼津市内から雄大な富士山を望む

沼津市長選挙速報

山下富美子氏△ 得票数15410
加藤 元章氏△ 得票数21811
渡辺 大輔氏  得票数  1960
頼重 秀一氏〇 得票数33037 当選
土倉 章晴氏  得票数  1236

※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率45.13%

新人6人が乱立した沼津市長選は、頼重氏が5氏を破って、初当選した。

【候補者のスコアリング】(P=ポイント)

▽山下氏
①公約や主張=2
②経歴=3
③支持基盤=2
=合計7.0P

▽加藤氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3
=合計9.0P

▽渡辺氏
①公約や主張=2.5
②経歴=2
③支持基盤=1.5
=合計6.0P

▽頼重氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3.5
=合計9.5P

▽土倉氏
①公約や主張=1.5
②経歴=2.5
③支持基盤=2
=合計6.0P

※候補者のスコアリングは5 段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「 9P~=〇」「 7P~=△」
※採点は当サイト独自調査による

有権者や投票、沼津市の詳細

4月29日の投票時間は7~20時(一部投票所で繰り上げ)で、市内64カ所の投票所で行い、21時15分から「沼津市民体育館」で即日開票する。4月21日現在の選挙人名簿登録者数は16万7152人(男8万2148人、女8万5004人)。

▽期日前投票
期間:4月23日~28日
時間:8時半~20時
投票所:5カ所
・沼津市役所 1階
・沼津市戸田地区センター
・沼津市原地区センター
・沼津市金岡地区センター
・沼津市愛鷹地区センター

▽沼津市メモ
位置:静岡県の東部、伊豆半島の付け根にある
面積:186.96㎢
隣接:三島市、富士市、伊豆市、伊豆の国市
人口:19万6530人(2018年4月1日現在)
観光地:「伊豆・三津シーパラダイス」は日本で初めてバンドウイル  カやセイウチ、ラッコの飼育を行った日本で2番目に歴史の長い水族館である
名産品:干物、西浦みかん、ぬまづ茶、高足ガニ
有名人:小野伸二(サッカー元日本代表)、室伏広治(五輪ハンマー投げ金メダリスト)、岩崎恭子(水泳五輪金メダリスト)

選挙の争点や情勢、予想を解説

3月21日に大沼市長が死去したことに伴う沼津市長選とあって、各陣営とも慌ただしい中での出馬となった。最大の争点はJR沼津駅の鉄道高架化事業の是非。大沼市政を引き継いで計画を推進、反対、中立、代替策など5候補で主張が分かれている。

【JR沼津駅の鉄道高架化事業の各候補の賛否など】

・山下氏=反対
・加藤氏=賛成
・渡辺氏=中立
・頼重氏=賛成
・土倉氏=地下鉄化を推進

大沼市政の刷新を掲げる山下氏に対し、継承路線を掲げるのが加藤、頼重両氏となる。選挙戦は事実上、元市議3人による争いが予想される。選挙戦への準備期間などを考慮すると、市議職の3氏の経験則が大きなウエートを占める。

さらに絞り込むと、加藤、頼重両氏の戦いに注目される。ともに市議会でのキャリアや議長、副議長などを歴任し、知名度もある。

情勢を予想すると、政党支援を受け、大沼市長の後援会が支援する同会派の頼重氏がやや優位。加藤氏も同会派とあり、激しい票の奪い合いになる公算が大きい。

候補者のプロフィルや主な経歴など

◇山下 富美子(やました・ふみこ)氏

生年月日:1953年
出身地   :静岡県沼津市
出身校 :学習院女子短大人文学部
主な経歴 : 沼津市議(3期)、生活クラブ生協静岡・沼津支部委員長

学習院女子短大を卒業後、東京の服飾関連の専門学校で学び、帽子デザイナーとして活動を始めた。帽子デザイナーとしてアトリエを開設した。2007年の沼津市議選で初当選して連続3選を果たしている。

◇加藤 元章(かとう・もとあき)氏

生年月日:1963年11月9日
出身地   :静岡県原町(現沼津市)
出身校 :早大政治経済学部
主な経歴 : 沼津市議(4期)、三菱自動車

早大政経学部を卒業後、三菱自動車に就職。商品企画のマネジャーなどを務めた。2003年の沼津市議選で初当選し、連続4選を果たしている。副議長などの要職も歴任し、前回15年の市議選では3443票を獲得し、トップ当選している。

◇渡辺 大輔 (わたなべ だいすけ)氏

生年月日:1981年11月18日
出身地   :静岡県
出身校 :静岡県立大仁高
主な経歴 : 人材派遣会社社長

静岡県立大仁高を卒業。民間企業、人材派遣企業などの勤務を経て、2008年に人材派遣会社を設立して、社長に就任した。社会福祉事業などを積極的に推進しており、生活困窮者への支援、社会的弱者の自立支援の活動をしている。

◇頼重 秀一(よりしげ・しゅういち)氏

生年月日:1968年8月9日
出身地   :静岡県沼津市
出身校 :日大理工学部建築学科
主な経歴 : 前沼津市議会議長、同市議(4期)、衆議院議員公設秘書

日大を卒業後、中堅ゼネコン会社の「ハザマ」に就職。木部佳昭衆院議員秘書を経て、2003年の沼津市議選で初当選。以降、連続4選を果たしており、副議長から前の第83代議長に就任した経歴もある。

◇土倉 章晴(つちくら・あきはる)氏

生年月日:1944年6月6日
出身地   :静岡県沼津市
出身校 :日大短期大学部
主な経歴 :不動産会社会長

日大短期大学部を卒業。住宅販売会社勤務を経て、不動産会社を設立した。1990年、94年の沼津市長選で落選。小学3年のとき、交通事故で右脚の大腿部から下を切断、苦労しながらも会社を大きくしてきた苦労人だ。

候補者の主な公約や主張など

▽山下氏

「(鉄道高架事業は)財政的に非常に厳しく、徹底した情報開示をすべきで、課題がたくさんある」

・駅の橋上化で、南北をつなぐ通路の整備
・政策決定の過程を市民に公開する市政の透明化
・老朽化する市本庁舎、ごみ焼却施設の建て替え
・子育て支援の充実、学校給食の無料化
・子育て包括支援センターの設立

▽加藤氏

「『株式会社沼津市』として民間の感覚で、売り上げの税収を稼ぎ、良い行政サービスを提供する」

・鉄道高架化事業は賛成で、駅南口の再開発も推進させる
・自動車会社の勤務経験を生かし、会社経営の視点で市政を運営
・地場産業、中小企業の振興を積極的に推進
・道の駅プロジェクトの推進で年間600万人の観光客誘致

▽渡辺氏

「(鉄道高架化事業は)実際に現場に飛び込まなければ分からない。検証作業を進めてから結論を出す」

・生活困窮者への自立支援で人口と税収の増加を図る
・生活困窮者の就労を支援する企業へ固定資産税の免除
・貧困世帯への学習支援
・企業主導型保育園の設置

▽頼重氏

「鉄道高架化は沼津駅周辺の事業の中で重要だ。貨物駅用地の強制収用に向けても粛々と進める」

・活力あるまちづくりに向けて一生懸命取り組む
・原、西部地域に「道の駅」を整備して企業誘致を図る
・学校へエアコン設置や洋式トイレの整備を進めていく
・鉄道の高架下を有効活用し、保育園設置も検討

▽土倉氏
「鉄道高架化に比べ半分のコストで済む地下鉄が最適だ。耐震性の問題や交通事故防止にもつながる」

・JR東海道線の東田子の浦-函南間の地下鉄化
・地下の駅や施設を災害時の避難場所として活用
・沼津駅隣接の土地に1000台分の無料駐車を整備して中心街を活性化
・同駅に周辺に定時制大学を創設する

前回の沼津市長選の状況

前回2016年の沼津市長選は新人の大沼氏が、自民・公明・民進が推薦する3選を目指す現職の栗原氏を大差で破り、初当選を決めた。

▽2016年10月30日執行=投票率40.94%
大沼 明穂氏(57)=新 得票数43159 当選
栗原 裕康氏(67)=現 得票数24538
※年齢は当時

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

富士川町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う山梨県富士川町長選挙は4月10日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属で、新人で不動産業を営む元同町議の斉藤欽也氏(65)と、3選を目指す現職の志村学氏(68)の2人。 …

那智勝浦町長選挙2017結果速報 立候補者の詳細、情勢や予想も

任期満了に伴う和歌山県那智勝浦町長選が12月19日に告知された。同24日に投開票を行う。立候補したのはともに無所属で、前町教育長の森崇氏(67)と、3選を目指す現職の寺本真一氏(64)の2人。立候補者 …

栃木市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う栃木市長選挙は4月15日、告示された。投開票は同22日。立候補者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の鈴木俊美氏(67)、新人で前同市議の大川秀子氏(70)の2人。現職と新人の一騎打ちと …

伊達市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う福島県伊達市長選は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補者はいずれも無所属で、4選を目指す現職の仁志田昇司氏(73)に、元伊達市議の橘典雄氏(68)、元同市議の高橋一由氏(65 …

豊中市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う大阪府豊中市長選挙は4月15日、告示された。投開票は同22日。立候補者はいずれも無所属新人で、元同市議の松岡信道氏(37)、元副市長の長内繁樹氏(59)=自民、立憲、希望、公明 自由、社 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載