北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

直島町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年5月10日 更新日:

任期満了に伴う香川県直島町長選挙は5月8日、告示された。投開票は同13日。立候補者はいずれも無所属で、新人で前同町議会議長の小林真一氏(67)と、再選を目指す現職の浜中満氏(61)の2人。選挙戦は7年ぶりとなる。直島町長選挙の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上





直島町長選挙速報

小林 真一氏△ 得票数1061 当選
浜中    満氏〇 得票数  990

※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率78.75%

直島町長選は、新人の小林氏が現職の浜中氏を破り、初当選した。

候補者のスコアリング

▽小林氏
①公約や主張3
②経歴3
③支持基盤3.0
=合計9.0P

▽浜中氏
①公約や主張3
②経歴3.5
③支持基盤3
=合計9.5P

※候補者のスコアリングは5 段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「 9P~=〇」「 7P~=△」
※採点は当サイト独自調査による

有権者や投票、直島町の詳細

5月13日の投票時間は7~19時(一部投票所で繰り上げ)で町内5カ所で行われ、20時から「町民会館(直島ホール)」で即日開票する。5月7日現在の選挙人名簿登録者数は2709人(男1396人、女1313人)。任期満了日は5月17日。

▽期日前投票
期間:5月9日~12日
時間:8時半~20時
投票所:直島町役場

▽直島町メモ
位置:香川県高松市の北部13㎞にあり、直島を中心とした27島で構成
面積:14.22㎢
隣接:高松市、土庄町、岡山県玉野市(海上を挟んで)
人口:3098人(2018年4月1日現在)
観光地:ベネッセアートサイト直島、地中美術館、李禹煥美術館
有名人:―

選挙の争点や情勢、予想を解説

直島町長選の争点は、急速に進む人口減少の歯止めに向けた対策だ。直島町人口ビジョンによると、1955年の7500人をピークに減少。00年が3700人、10年が3300人と減り続け、4月1日現在で3098人となっている。このまま推移すると、あと1~2年後には、人口3000人を切ることも想定される。

小林、浜中両氏とも、公約に人口減少対策を中心に据えている。子育て支援策として、保育・医療費の助成など、政策に大きな相違点はない。全国に問題になっている空き家についても、定住・移住策に向けて有効活用することなどを主張している。

同町にはベネッセの資本注入による美術館やホテルを展開しており、アートとリゾートを融合させた観光を産業振興の中心に掲げている。まちの活性化策として今後、どのような取り組みを行っていくのか。小林、浜中両氏の構想にも注目される。

情勢を予想すると、目立った対立の構図が見当たらず、現職の優位性で浜中氏がリードしていると思われる。ただし、町議会議長を辞職してまで小林氏が出馬しており、1期目の浜中町政に対して、町議会が一枚岩になりきれていない現状を露呈している。

候補者のプロフィルや主な経歴など

◇小林 真一(こばやし・しんいち)氏

生年月日:-
出身地   :香川県直島町
出身校 :香川県立玉野商高(現玉野商工高)
主な経歴 : 直島町議(2期)、同町職員、銀行員

銀行勤務などを経て、直島町に採用された。町税務課長、総務課長などを歴任し、2011年4月の同町議選で初当選。副議長、17年5月から議長などの要職を務めた。

◇浜中 満(はまなか・みちる)氏

生年月日:-
出身地   :香川県直島町
出身校 :立命館大
主な経歴 : 直島町長(1期)、副町長、同町職員

1980年3月に立命館大を卒業し、同年4月に直島町に採用された。町建設経済課長、総務課長などを歴任し、12年4月に副町長。14年5月の町長選は無投票で初当選した。

候補者の主な公約や主張など

▽小林氏

「今回の選挙は直島町を前進させるのか、そのままにするのかが問われる。住民の誰もが住んで良かったといえる町にするのが重要だ。町政のトップに立ち、魅力あるまちづくりに向けて精いっぱい頑張りたい」

・定住者、移住者向けに空き家を貸し出すシステムを構築
・町営住宅の整備や宅地造成を加速させ、人口増の促進の受け皿にする
・若い夫婦向けの住宅建設の促進
・2人目以降の給食費を半額

▽浜中氏

「大好きな直島をさらに良くしたい、という気持ちで再度の立候補を決めた。直島は現代アートの聖地として有名だが、人口減少が進んでいる。町民が幸せを感じるまちにするため、新しい取り組みを全力で進める」

・子育て支援策を拡充させ、人口減少を食い止める
・定住、移住促進に向けた空き家の活用による住宅の確保
・婚活支援、町のPRなどの情報発信の促進
・防災対策、道路・港湾整備の推進

前回の直島町長選の状況

前回2014年の直島町長選は5月13日に告示され、新人の浜中氏以外に立候補の届け出がなく、無投票で初当選が決まった。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

我孫子市議選2019結果速報 立候補者の当落や開票状況・情勢予想

任期満了に伴う千葉県我孫子市議会議員選挙は11月10日、告示された。投開票は同17日。定数24を6人上回る30人が立候補を届け出た。我孫子市議選挙の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝え …

余市町長選挙2018結果速報 前天塩副町長の斉藤、細山両氏の情勢予想

任期満了に伴う北海道余市町長選挙は8月21日、告示された。投開票は同26日。立候補者はともに無所属の新人で、前余市町経済部長の細山俊樹氏(56)と、元外務省職員で前天塩副町長の斉藤啓輔氏(36)=自民 …

川口市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う埼玉県川口市長選挙は1月28日、告示された。投開票は2月4日。立候補者は、再選を目指す現職の奥ノ木信夫氏(66)=自民、公明推薦=と、元埼玉県議で新人の奥田智子氏(49)=共産推薦、社民 …

相馬市長選挙2017結果速報! 選挙の詳細や立候補者、情勢を紹介

任期満了に伴う福島県相馬市長選は、12月17日告示・同24日投開票で行われる。立候補したのはともに無所属で、5選を目指す現職の立谷秀清氏(66)と、元相馬市議で新人の荒川五郎氏(69)の2人。前回20 …

神埼市長選挙2018結果速報 大仁田厚氏出馬へ 候補者の経歴や情勢予想も

任期満了に伴う佐賀県神埼市長選挙は4月8日告示、同15日投開票が行われる。立候補を表明しているのは、4選を目指す現職の松本茂幸氏(67)、元プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(60)。立候補表明者の …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載