北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

指を9本失った登山家の栗城史多さんが死亡 下山途中のエベレストで

投稿日:2018年5月21日 更新日:

冬山登山の凍傷で、指を9本失った登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)さん(35)が5月21日、エベレスト登山中に死亡した。体調を崩して下山中に遭難し、捜索隊が遺体を確認した。所属事務所が栗城さんの公式フェイスブックなどで発表した。栗城さんは北海道今金町出身。エベレストへの挑戦は今回が8度目で、志半ばで天国に旅立ってしまった。

スポンサーリンク

右上

右上




引用:栗城さんの公式HPから

体調不調を訴えて下山途中に遭難

栗城さんは、4月17日に日本を出発。同27日にネパール側のベースキャンプ(BC)に到着した。5月5日からアタックを開始した。

5月20日に7400m付近に到達したが、無線で体調不良を訴えて、同21日未明の下山するとの連絡を最後に消息が途絶えていた。同日早朝、別働していたスタッフによって、栗城さんの遺体を発見したという。

遺体には目立った外傷はないという。死因などの詳細は調査中。現状では遭難した理由など分かっていない。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。生きて帰ることを誓っておりましたのに、
このような結果になり大変申し訳ございません。栗城事務所  小林幸子
引用:栗城史多“SHARE THE DREAM”

2012年10月のエベレスト挑戦で指9本を失う

栗城さんは2004年6月にマッキンリー(6194m)の単独登頂に成功。2012年10月のエベレスト遠征で、強風などの気象状況の悪化によって凍傷にかかり、両手の指を9本失った。

【栗城史多さんの遠征歴】※公式ホームページによる

2004年6月 マッキンリー(6194m)の単独登頂
2005年1月 アコンカグア(6959m)の単独登頂=ポーランド氷河ルート
2005年6月 エルブルース(5642m)の単独登頂
2005年10月 キリマンジャロ(5895m)の単独登頂
2006年10月 カルステンツピラミッド(4884m)単独登頂
2007年5月 チョ・オユー(8201m)単独・無酸素登頂=7500m地点からスキー滑走
2007年12月 ビンソンマシフ(4892m)単独登頂
2008年10月 マナスル(8163m)単独・無酸素登頂
2009年5月 ダウラギリ(8167m)単独・無酸素登頂
2009年9月 エベレスト北側(8848m)=メスナールートで7900mまで到達
2010年5月 アンナプルナ(8090m)=7700mまで到達
2010年10月 エベレスト南側(8848m)=7750mまで到達
2011年5月 シシャパンマ南西壁(8027m)=7600mまで到達
2011年10月 エベレスト(8848m)=サウスクロワールルート7800mまで到達
2012年6月 シシャパンマ南西壁(8027m)=6500m付近から滑落も無事
2012年10月 エベレスト(8848m)=西稜ホーンバインクロワール8070mまで到達。強風で両手、両足、鼻が重度の凍傷になり、両手の指9本を失う
2014年7月 ブロードピーク(8047m)単独・無酸素登頂
2015年10月 エベレスト(8848m)=8150mまで到達。ネパール大震災のため、北側(中国)からネパール側に計画を変更
2016年10月 エベレスト(8848m)=7400mまで到達
2017年5月 エベレスト(8848m)=6800mまで到達
2018年5月 エベレスト(8848m)=7400m付近から下山中に死亡

北海道今金町出身の登山家

栗城さんは北海道今金町出身。株式会社「たお」代表取締役で、2011年9月からよしもとクリエイティブ・エージェンシーと業務契約を結んでいる。全国各地で講演活動なども行っていた。

登山の模様をインターネット生中継で発信するなど、ざん新な手法で紹介。栗城さんは目標としていた7大陸最高峰の「単独無酸素登頂」を目指し、最後に残されて1座がエベレストだった。

▽栗城 史多(くりき・のぶかず)
生年月日:1982年6月9日
出身地:北海道今金町
出身校:札幌国際大

栗城史多さんのエベレスト登頂は無謀だったのか?

栗城史多さんのエベレスト登頂に関して、無謀な挑戦と指摘する登山関係者も多い。エベレストの登頂歴がある山岳ジャーナリストは「世界でエベレストを単独登頂できるのは十数人レベル。単独無酸素登頂では現在、世界でも1~2人いるかどうか。あの(栗城さんの)レベルでは絶対に登頂はできない」と即答している。

8000mを超えると、酸素は通常の3分1程度。生命の危機に直面するまさに「デスゾーン」となる。エベレストを無酸素登頂したのは日本人も含む過去に100人。その中で無酸素単独登頂は、1980年に成功したイタリア人登山家のラインホルト・メスナー氏ただ一人とされる。

栗城さんの挑戦は無謀とも言われるが、夢を持って前進する姿に共感した人も多い。5月21日に実家の今金町で眼鏡店の営む父・敏雄さんは笑いながら「好きなエベレストで消えた。ありがとうございます。バカやろうではなく、今までよく頑張ったと言いたい」とテレビの取材に答えていたのが印象的だった。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

危秋潔さんと判明 8月27日に釧路市の海岸で見つかった遺体

北海道警釧路署は8月30日、釧路市桂恋の海岸で8月27日早朝に見つかった女性の遺体が、中国人女性の危秋潔さん(26)であると発表した。旭川医大で司法解剖を行い死因は溺死であることが判明、DNA鑑定の結 …

北海道栄高野球部の渡辺伸一監督が退任 3年生部員への体罰が発覚

私立北海道栄高(白老町、渡辺和弘校長)野球部の渡辺伸一監督(45)が、11月に3年生部員へ体罰をしたとして監督を退任していたことが12月7日、分かった。学校から11月21日付で停職3カ月の処分を受け、 …

延岡学園のコンゴ人バスケ留学生 試合中に審判を襲う 逮捕や退学も

延岡学園高(宮崎)のバスケットボール男子留学生が、試合中に前代未聞の暴行を働いた。2018年6月17日の全九州高校大会(長崎県大村市体育文化センター)の福岡大大濠高との準決勝で、コンゴ人留学生が判定に …

小樽の海で溺死した3人の札幌南陵高生 タカトシのトシの後輩だった 

北海道小樽市銭函の海岸で見つかった男性3人の遺体の身元が、8月27日に海水浴中に行方不明になっていた札幌南陵高校の生徒であることを28日、小樽署が発表した。3人は人気お笑いコンビのタカアンドトシのトシ …

北海道沖にM9の超巨大地震が襲来 政府発表で30年以内の確率40%

北海道に超巨大地震が襲来する? 政府の地震調査委員会は12月19日、北海道沖の千島海溝でマグニチュード(M)9規模の超巨大地震が、今後30年以内に7~40%の確率で起こるとの見解を発表した。同委では「 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載