北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

カーライフ ニュース

「知床」と「苫小牧」が2020年からご当地ナンバーに登場 国交省発表

投稿日:

国土交通省は5月22日、新たに導入する自動車の全国17の「ご当地ナンバー」を発表した。道内では「知床」と「苫小牧」の2つの地名のナンバーが、2020年から交付されることになった。北海道の「ご当地ナンバー」と「苫小牧」の地名が3文字のナンバーも初めてとなる。

スポンサーリンク

右上

右上




世界遺産の「知床ナンバー」としてPR効果に期待

「知床ナンバー」は、世界自然遺産の知床半島の周辺7町が共同で「ご当地ナンバー」の申請に向けて動いていた。世界的な知名度のある大自然に恵まれた大地を車のナンバーという走る広告塔によって、さらなるPRを図ることが目的だ。

知床ナンバーの対象自治体

▽現「北見ナンバー」地域
・斜里、清里、小清水の3町

▽現「釧路ナンバー」地域
・標津町、中標津町、別海町、羅臼町の4町

「知床ナンバー」の交付を目指し、当初は網走、根室の両市も導入を検討していた。しかし、導入の可否をめぐり、住民へのアンケート調査の結果、不参加を決定した。このため、7町が道へ申請した。

「苫小牧ナンバー」は道内初の図柄入りになる

「苫小牧ナンバー」は地域の特性の生かした北海道初の図柄入りの車のナンバープレートになる。地域振興や観光振興など、PR効果に期待される。

「苫小牧ナンバー」の対象地域となる苫小牧市は、輸送関連の会社も多く、苫小牧港からフェリーで数多くのトラックなどが本州へ渡る。現状の苫小牧市は「室蘭ナンバー」で、2年後に誕生する「苫小牧ナンバー」によって全国区になる可能性も出てくる。

苫小牧市ではかねて「苫小牧ナンバー」の導入を求める声も多かった。そんな背景もあり、2017年7月に苫小牧商工会議所が導入に向けて動き、岩倉博文市長導入を要請した。

「ご当地ナンバー」は大幅な規制緩和で可能に

「ご当地ナンバー」は郷土色が前面に出ることによって、PR効果にも注目が集まり、観光地などで導入が相次いでいる。背景には大幅な規制緩和がある。

従来までの「ご当地ナンバー」の導入基準は、対象地域内の登録自動車がおよそ10万台必要だった。これが2017年5月に国土交通省が「おおむね5万台」と半分の台数にハードルを下げた。

「知床ナンバー」「苫小牧ナンバー」の対象自治体も早速、導入に向けて動きだした。

北海道のナンバーが2増の計9に

道内は現在、各地域で7つの地名のナンバープレートがある。20年に「知床ナンバー」と「苫小牧ナンバー」の2地名が加われば、計9地名のナンバーを擁することになる。

▽北海道のナンバー詳細(2018年3月末現在)

地名 登録台数 主な対象地域
札幌 170.8万台 札幌市、千歳市、石狩市、滝川市、芦別市、ニセコ町、島牧村
函館 31.9万台 函館市、北斗市、知内町、長万部町、江差町、奥尻町、今金町
旭川  50.0万台 旭川市、富良野市、稚内市、利尻町、深川市、留萌市、天塩町
室蘭  38.2万台 室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、洞爺湖町、えりも町
釧路  27.5万台 釧路市、厚岸町、白糠町、鶴居村、根室市、別海町、羅臼町
帯広  32.3万台 帯広市、音更町、清水町、大樹町、広尾町、池田町、足寄町
北見  25.7万台 北見市、網走市、紋別市、斜里町、置戸町、清里町、大空町

▽関連記事
・世界遺産「知床」ナンバーが愛車に 2020年の交付を目指して協議

右上

右上




右上

右上




-カーライフ, ニュース
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

函館の漁船230隻が保険の「戦乱等特約」追加 北朝鮮ミサイルに備え

北朝鮮の弾道ミサイルの被害に備え、道南の漁船が対策を講じた。有事の際に損害を補償する「戦乱等特約」の漁船保険に、北海道函館市の漁協所属の漁船約230隻が10月31日、追加加入した。2016年度は同市内 …

日産自動車の新型リーフを北海道で初披露 航続距離が400kmに拡大

日産自動車は9月8日、電気自動車(EV)新型リーフの発表会を札幌市内のホテルで行った。北海道で初披露されたリーフは、航続距離が従来の280kmから約1.4倍の400kmに拡大。実用性が高まり、世界で注 …

STVが10年連続3冠を達成 2017年札幌地区の年間テレビ視聴率

STVが今年も快挙を達成した。2017年の1年間(52週平均)の札幌地区の視聴率が1月4日、確定した。STVは「全日」「ゴールデン」「プライム」の3部門を制して、10年連続3冠に輝いた。節目の10度目 …

「第1回氷室冴子青春文学賞」の募集を開始 岩見沢市の有志が設立

「なんて素敵にジャパネスク」で知られる小説家の氷室冴子氏(享年51)の功績をたたえた「氷室冴子青春文学賞」が創設された。氷室氏の地元・北海道岩見沢市の有志が同実行委員会を立ち上げて主催。2018年1月 …

日本初上陸の「モバイク」が札幌に登場 中国の最大手シェア自転車

中国の最大手シェア自転車「Mobike(モバイク)」が8月23日、札幌市中央区で国内初の事業を開始した。日本法人モバイク・ジャパン(福岡市)が運営し、関係者らによるデモ走行などを行い、事業のPRを行っ …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載