北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

新潟県知事選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年5月28日 更新日:

米山隆一前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙は5月24日、告示された。投開票は6月10日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同県五泉市議の安中聡氏(40)、元海上保安庁次長で元同県副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持=、元同県議の池田千賀子氏(57)=立憲民主、国民民主、共産、自由、社民推薦=の3人。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の推進・花角氏VS反対・池田氏の事実上の一騎打ちだ。新潟県知事選挙の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票などNHKの出口調査も交え、結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




東京電力柏崎刈羽原発(刈羽側)

新潟県知事選挙2018の開票速報・投票率速報・当選予想

安中      聡氏    得票数  45628
花角   英世氏△ 得票数546670 当選
池田千賀子氏〇 得票数509568
※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率58.25%

新人3氏による新潟県知事選は、前海上保安庁次長の花角英世氏が初当選した。

新潟知事選の期日前投票(5月25日~6月9日)の投票率は17.82%で、前回2016年知事選より4.54ポイント上回った。

前回2016年新潟県知事選挙の状況

▽10月6日執行=投票率53.05%
米山 隆一氏(49)=新 得票数528455 当選
森    民夫氏(67)=新 得票数465044
後藤 浩昌氏(55)=新 得票数  11086
三村 誉一氏(70)=新 得票数    8704
※年齢は当時

候補者のスコアリング】(P=ポイント)

▽安中 聡氏
①公約や主張=3
②経歴=2
③支持基盤=1.5
=合計6.5P

▽花角 英世氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=2.5
=合計8.5P

▽池田 千賀子氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3
=合計9.0P

※候補者のスコアリングは5 段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「9P~=〇」「7P~=△」
※採点は当サイト独自調査による

新潟県知事選挙2018の有権者や投票、新潟県の詳細

6月10日の投票は、7~20時(一部投票所で繰り上げ)に県内各所で行い、20時から県内37カ所で即日開票する。5月23日現在の選挙人名簿登録者数は193万5231人(男93万1469人、女100万3726人)。

▽期日前投票
期間:5月25日~6月9日
時間:8時半~20時
投票所:県内各市町村
※期間と時間は自治体によって異なる場合がある

▽新潟県メモ

位置 中部地方の日本海に面している
面積 1万2584.18㎢
隣接 山形県、福島県、群馬県、長野県、富山県
人口 225万1256人(2018年4月1日現在)
政令市 新潟市(県庁所在地)=人口80万1298人(2018年4月1日現在)
市町村 20市6町4村
区分 上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地方

新潟県知事選挙2018の争点や情勢、予想を解説

新潟県知事選の最大の争点は、柏崎市と刈羽村にまたがる「東京電力柏崎刈羽原発」の再稼働の是非。再稼働の推進を目指す自民・公明が支持するのが花角氏で、反対を前面に出しているのが野党統一候補の池田氏という対立の構図だ。

柏崎刈羽原発は、世界最大の出力がある原発。再稼働をめぐり、県民の多くが最大級の関心を寄せている。選挙戦では原発再稼働というナーバスな問題があり、自公では政党色を薄めるため、推薦ではなく花角氏を支持する形にしている。

2016年知事選では、再稼働に反対する米山氏が6万以上の得票差で、自公などの推薦を受けた森氏を破って初当選した。今回の知事選では池田氏を推薦した野党の幹部が、新潟入りして池田氏をサポート。自公の幹部も新潟入りし、水面下で組織票固めをしている。

告示前の5月23日には脱原発を掲げる小泉純一郎元首相が新潟入りし、池田氏を励ました。民間の世論調査によると、新潟県民の原発再稼働反対は約7割。選挙戦の序盤は花角、池田両氏が拮抗(きっこう)しているという。

花角氏は原発再稼働に関して2~3年をめどに安全性について調査し、議会を解散して住民投票で信を問うとしている。池田氏は反対という態度にブレがなく、無党派層からの支持も期待できるとの観測が出ている。

情勢を予想すると、池田氏が優位との観測が出ている。原発再稼働反対は新潟県民の中では多数派で、花角氏の「原発再稼働」を危ぐする声も出ている。

新潟県知事選挙2018の立候補者のプロフィールや主な経歴など

安中 聡 (あんなか・さとし)氏


生年月日:1977年12月6日
出身地   :新潟県五泉市
出身校 :立正大
主な経歴 :五泉市議(2期)

立正大を卒業。派遣社員として勤務経験があり、2010年に参院選に出馬したが、落選した。11年の五泉市議選で初当選し、15年に再選を果たした。2期目の途中だった18年1月の五泉市長選に出馬したが、現職に2倍近くの得票差で敗れている。

花角 英世(はなずみ・ひでよ)氏


生年月日:1958年5月22日
出身地   :新潟県佐渡市
出身校 :東大法学部
主な経歴 : 海上保安庁次長、新潟県副知事

1982年3月に東大法学部を卒業、同年4月に運輸省(現国土交通省)のキャリアとして入庁した。大阪空港局長、国交省大臣官房審議官を経て、2013年4月から15年7月まで新潟県副知事を務めた。15年9月に海上保安庁次長に就任した。

池田 千賀子(いけだ・ちかこ)氏


生年月日:1961年1月24日
出身地   :新潟県柏崎市
出身校 :早大(通信制)
主な経歴 : 新潟県議(1期)、柏崎市議(3期)、同市議会副議長

1979年3月に新潟県立柏崎常盤高を卒業。専門学校に進学し、歯科衛生士の資格を取得して柏崎市に採用された。03年の柏崎市議選で初当選し、連続3選を果たした。11年に副議長に就任。15年の新潟県議選で初当選した。

新潟県知事選挙2018の立候補者の主な公約・政策、主張

▽安中 聡氏

「廃止する方針をしっかり打ち出さないと、原発ゼロは達成できない。事故が起きれば県民が積み重ねた努力が水泡になってしまう」

・原発の反対、原発の廃止
・新たなエネルギー研究を行い、新技術の確立を目指す
・利権構造からの脱却
・医療、福祉、子育て、教育の各問題を解消
・農業立国の新潟県を食料輸出を通じて世界へアピール

▽花角 英世氏

「混乱している県政に終止符を打たねばならない。30年以上、行政事務に関わってきた経験や知見、人のネットワークを活用させてほしい」

・原発は3つの検証を進め、結果を見極める
・自助、共助、公助の連携と絆を深める
・知事は新潟ブランドのトップセールスとして全力を傾注
・新幹線や空港など、県民の利便性向上を図る
・若者、子育て世代、高齢者らが生き生き暮らせる社会の実現

▽池田 千賀子氏

「原発に代わる新産業、これに関わる雇用について検討する会議を立ち上げる。原発の『3つの検証』が終え、結果が出るまで再稼働は認めない」

・原発ゼロのにいがた
・真の豊かさを実感できるにいがた
・暮らしやすさ日本一のにいがた
・誰もが豊かで質の高い教育を受けられるにいがた
・県民にもっとも近い対話型県政のにいがた

2018年6月10日投開票の注目選挙一覧

当サイトでは新潟県知事選以外にも、6月10日に投開票されるそのほかの注目選挙も掲載している。

・南島原市議会議員選挙2018結果速報 立候補者の当落、情勢予想や投開票
・新潟県知事選挙2018 脱原発の池田氏が出馬表明 再稼働の花角氏との対決か
・松戸市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も
・南島原市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も
・中野区長選挙2018結果速報 5選を目指す現職に3新人が乱立する激戦

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

大野市長選挙2018開票速報 石山志保氏リードか?候補者の情勢予想

任期満了に伴う福井県大野市長選挙は6月10日、告示された。投開票は同17日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同市職員の石山志保氏(43)=自民、公明推薦=と、元同市議の高田育昌氏(57)の2人。現 …

鹿嶋市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う茨城県鹿嶋市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属で、再選を目指す現職の錦織孝一氏(71)=公明推薦=、新人で元同市議の佐藤信成氏(44)の2人。現職と …

六ケ所村長選挙2018開票速報 遠藤順子医師が「負け戦」に臨む理由は

任期満了に伴う青森県六ケ所村長選挙は6月19日、告示された。投開票は同24日。立候補者はいずれも無所属で、再選を目指す現職の戸田衛氏(71)、医師で新人の遠藤順子氏(58)の2人。六ケ所村長選挙の立候 …

下妻市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う茨城県下妻(しもつま)市長選挙は3月18日に告示され、同25日に投開票を行う。立候補表明者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の稲葉本治氏(72)、新人で前同市議の菊池博氏(55)の2人 …

三豊市長選挙2017結果速報! 選挙の詳細や立候補者、情勢を紹介

横山忠始市長の死去に伴う香川県三豊市長選は、12月17日告示・同24日投開票で行う。ともに無所属、新人で元香川県議の山下昭史氏(51)と、元三豊市議の大平敏弘氏(63)の2人が立候補した。7町の合併に …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載