北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

スポーツ

日本がコロンビアを2-1で撃破 ワールドカップで香川と大迫が決めた

投稿日:

FIFAワールドカップロシア大会は6月19日、サランスクのモルドヴィアアリーナで1次リーグH組のコロンビア(FIFAランク16位)-日本(同61位)を行い、日本が2-1で初戦を制した。前半6分にMF香川真司がPKを決めて先制。その後、追いつかれた日本は後半28分、FW大迫勇也が左CKを頭で押し込み、勝ち越しゴールを決めた。ワールドカップでアジア勢が南米に勝ったのは初めて。

スポンサーリンク

右上

右上




白星発進した日本はスタンドの観客の声援に応える(共同)

大迫が2得点に絡む活躍で大金星

日本の初戦は大金星だった。その立役者は大迫だ。前半6分、香川が決めたPKをおぜん立てしたのが大迫。前半3分、香川のロングボールに反応した大迫が、GKとの1対1を左足でシュート。そのこぼれ球を今度は香川が左足でシュートし、これがペナルティーエリア内でMFカルロス・サンチェスのハンドを誘い、PKにつながった。

カルロス・サンチェスは得点機会阻止で一発退場。日本11人対コロンビア10人の数的優位な状態で試合を進めたが、前半39分にFKをMFキンテロに直接決められ、同点に追いつかれた。

勝負はここからだった。後半28分、先発から外れたMF本田圭佑の左CKを大迫が頭でたたき込んで2-1とし、これが決勝ゴールとなった。試合後のインタビューで大迫は「立ち上がりから、相手にも緊張感があると思った。セットプレーは練習通りの形が出せた」と振り返った。

勝ち越しゴールを決めて喜ぶ大迫(手前)

コロンビアに4年前のリベンジを果たした

前回2014年ワールドカップブラジル大会では、日本が1-4でコロンビアに大敗を喫している。ワールドカップ本大会では、日本はおろかアジア勢が南米に勝ったことはない。歴史的な勝利だったといえる。

大会直前のハリルホジッチ監督を解任し、日本代表監督に緊急就任した西野朗監督(63)にとってもワールドカップ発采配初勝利だった。「選手がタフに戦ってくれた。その結果だけなので」と選手の活躍に最大級の賛辞を贈った。

日本のコロンビア戦
2018年6月19日 ワールドカップ    〇日本2-1●コロンビア
2014年6月24日 ワールドカップ  ●日本1-4〇コロンビア
2007年6月5日     キリンカップ   △日本0-0△コロンビア
2003年6月22日 コンフェデカップ ●日本0-1〇コロンビア

次戦は6月24日にセネガルと

勢いに乗る日本代表は6月24日の第2戦で、セネガル(FIFAランク27位)と対戦する。試合結果によっては、グループリーグ突破の可能性も出てくる。

前回2014年ワールドカップブラジル大会は、日本が1分け2敗で勝利をすることなく、グループリーグ最下位で敗退が決まった。

2010年ワールドカップ南アフリカ大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出へ期待がかかる。

▽関連記事

・W杯サッカーの日本対コロンビア戦 キックオフやテレビ放映の時間など
・ワールドカップ日本VSコロンビアの情勢分析と展望 勝機のポイントは
・ワールドカップ日本対セネガル戦 キックオフやテレビ放映の時間など

右上

右上




右上

右上




-スポーツ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

十勝FCの本気度がすごい 北海道母体のチームが初のJリーグ参入へ

2017年の北海道サッカーリーグで3年ぶり2度目の優勝を決めた十勝FCが、来季から本格的なJ参入へ向けた体制を整える。9月24日現在、Jリーグ経験者の新監督と契約を終え、10月中に発表する見込み。選手 …

延岡学園のコンゴ人バスケ留学生 試合中に審判を襲う 逮捕や退学も

延岡学園高(宮崎)のバスケットボール男子留学生が、試合中に前代未聞の暴行を働いた。2018年6月17日の全九州高校大会(長崎県大村市体育文化センター)の福岡大大濠高との準決勝で、コンゴ人留学生が判定に …

ワールドカップ日本VSコロンビアの情勢分析と展望 勝機のポイントは

FIFAワールドカップロシア大会の日本代表の初戦が、日本時間の6月19日21時からモルドヴィアアリーナでキックオフとなる。FIFAランク61位の日本は、同16位の南米の強豪・コロンビアと対戦。過去3戦 …

十勝FCの新監督に梅山修氏就任へ 元Jリーガーで新潟市議も歴任

今季の北海道サッカーリーグを制した十勝FCの来季の新監督に、アルビレックス新潟などに所属した元Jリーガーの梅山修氏(44)の就任が確実となったことが10月11日、分かった。11月中にも契約を結ぶ予定で …

平昌五輪スピードスケート高木姉妹 団体追い抜きで冬季史上初の金狙い

平昌五輪女子スピードスケートチームパシュート(団体追い抜き)準々決勝が、2月19日20時から行われる。注目は高木菜那(25=日本電産サンキョー-帯広南商高)と美帆(23=日体大助手、日体大-帯広南商高 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載