北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

牛久市長選挙2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

投稿日:2019年9月6日 更新日:

任期満了に伴う茨城県牛久市長選挙は9月1日、告示された。投開票は同8日。立候補を届け出たのは共に無所属で、元牛久市議で新人の小松崎伸氏(61)と、再選を目指す現職の根本洋治氏(67)の2人。牛久市長選の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




牛久大仏

牛久市長選2019の開票速報・投票率速報・当選予想

小松崎 伸氏△ 得票数  9633
根本 洋治氏〇 得票数16367 当選
※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率37.79%

牛久市長選は、現職の根本洋治氏が新人の小松崎伸氏を破り、再選を果たした。

前回2015年牛久市長選の状況

▽9月13日執行=投票率47.16%
18685 根本    洋治氏(63)=新 当選
12755  諸橋 太一郎氏(48)=新
※年齢は当時

候補者のスコアリング】(=ポイント)

小松崎 伸氏
①公約や主張=3
②経歴=2.5
③支持基盤=3
=合計8.5P

根本 洋治氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3
=合計9.0P

※候補者のスコアリングは5段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「9P~=〇」「7P~=△」
※採点は当サイト独自調査による

牛久市長選挙2019の有権者や投票、牛久市の詳細

9月8日の投票は、7~20時に牛久市内24カ所の投票所で行い、21時から「牛久運動公園体育館メインアリーナ」で即日開票する。8月31日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は7万469人。

牛久市長選に投票できる人

  • 2001年9月9日以前に生まれた人
  • 2019年6月1日以前に牛久市に転入届を出し、引き続き同市の住所を有する人

期日前投票
期間:9月2日~7日
時間:8時半~20時
投票所:4カ所

  • 牛久市役所4階第6会議室
  • アスカード牛久2階
  • ひたちのリフレ2階
  • 奥野生涯学習センター

牛久市メモ

位置 茨城県南部にある
面積 58.92㎢
隣接 土浦、つくば、龍ケ崎、稲敷各市、阿見町
人口 8万4955人(2019年7月末現在)
観光地 シャトーカミヤ(ワイン醸造所)、牛久大仏
名産品 みそ、落花生、淡水真珠、ワイン
有名人 小林至(レスリング五輪金メダリスト)、稀勢の里(大相撲第72代横綱)

牛久市長選2019の立候補者のプロフィールや主な経歴

◇ 小松崎 伸(こまつざき・しん)氏


生年月日:1958年7月2日
出身地   :茨城県牛久市
出身校 :成城大
主な経歴 :牛久市議(4期)、銀行員

成城大を卒業。1982年に常陽銀行に入行した。2007年に牛久市議選に初当選し、連続4選を果たした。市議会では教育民生常任委員会、総務常任委員会、予算特別委員会でそれぞれ委員長も務めた。

◇根本 洋治(ねもと・ようじ)氏


生年月日:1952年8月27日
出身地   :茨城県牛久市
出身校 :駒大経営学部
主な経歴 : 牛久市長(1期)、牛久市議(3期)、市議会議長

1975年に駒大を卒業。99年に牛久市議選で初当選し、連続3選を果たした。15年に新人2氏による牛久市長選に初出馬し、現職の市政継承を訴える候補に6000票近くの差をつけて初当選した。

牛久市長選挙2019の立候補者の主な公約・政策、主張

▽小松崎 伸氏

「私はできないことを皆さんの前では言わない。決して大風呂敷を広げたりしない。皆さんの期待を着実に実行に移したい」

政策・公約

  • ICT教育の充実、保育士不足を解消
  • 大学誘致に向けた取り組みの強化
  • ひたち野地区の出張所開設、リフレの活用を再考
  • 若者を呼び込む空室対策、利活用のスピードアップ
  • 牛久シャトーやエスカード牛久ビルの再生

▽根本 洋治氏

「地域の活性化は牛久市だけではなし得ない。県南、茨城全体がもっと輝けるよう、近隣自治体と連携を深めたい」

政策・公約

  • 牛久シャトーとエスカード牛久ビルの復活
  • ひたち野地区に隣接する市街化調整区域の宅地化
  • 観光資源を活用した地域活性化
  • 奥野小、牛久第二中の児童生徒減少に伴う存続の検討
  • 老朽化した既存団地の生活道路の改修

牛久市長選2019の争点や情勢、予想を解説

牛久市長選の争点は、現職の根本氏の1期4年の市政評価。JR常磐線「牛久」駅に直結する商業ビル「エスカード牛久ビル」、日本初の本格的なワイン醸造所「牛久シャトー」の再生なども有権者の関心が深い。

ただし、小松崎伸、根本洋治両氏とも、政策や公約に大きな相違点はない。両氏とも両施設の活性化を政策に盛り込んでおり、有権者にとっても明確なコントラストを見つけにくい。

これを象徴するように、選挙戦も異例の状態で進んでいる。両氏とも自民系の候補とあって、自民党牛久支部は両氏とも推薦する異例の対応となった。これにより保守層が分裂し、票の行方が分かりづらい選挙戦にもなっている。

牛久市長選以外の2019年9月8日執行の注目選挙一覧

当サイトでは牛久市長選挙以外にも、9月8日執行のその他の注目選挙も掲載している。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

下妻市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う茨城県下妻(しもつま)市長選挙は3月18日に告示され、同25日に投開票を行う。立候補表明者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の稲葉本治氏(72)、新人で前同市議の菊池博氏(55)の2人 …

多賀城市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う宮城県多賀城市長選挙は7月29日、告示された。投開票は8月5日。立候補者はいずれも無所属で、4選を目指す現職の菊地健次郎氏(71)=自民、公明推薦=、元名取市副市長で新人の石塚昌志氏(6 …

草津市議選2019結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

任期満了に伴う滋賀県草津市議会議員選挙(定数24)は9月1日、告示された。投開票は同8日。26人が立候補を届け出た。草津市議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。スポンサーリンク …

宇陀市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う奈良県宇陀(うだ)市長選挙は4月22日、投開票を迎える(告示4月15日)。立候補者はいずれも無所属の新人で、元市議の勝井太郎氏(39)、元市議の高見省次氏(57)、元市議の西浦正哲氏(6 …

多摩市長選挙2018結果速報 話題のAI候補の経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う東京都多摩市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属で、新人でAI(人口知能)候補こと情報通信会社社員の松田道人氏(44)、3選を目指す現職の阿部裕行氏( …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載