北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

雄武町長選2019開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

投稿日:2019年9月21日 更新日:

任期満了に伴う北海道雄武(おうむ)町長選挙は9月17日、告示された。投開票は同22日。立候補を届け出たのは共に無所属で、測量会社役員で新人の石井友蔵氏(68)と、3選を目指す現職の中川原秀樹氏(69)の2人。24年ぶりの選挙戦となった雄武町長選の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




雄武町の日の出岬のキャンプ場から望む絶景

雄武町長選2019の開票速報・投票率速報・当選予想

石井  友蔵氏△ 得票数1447 当選
中川原 秀樹氏〇 得票数1393
※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票終了

雄武町長選は、新人の石井友蔵氏が現職の中川原秀樹氏を破り、初当選を果たした。

前回2015年雄武町長選の状況

前回の雄武町長選は2015年9月8日に告示され、現職の中川原秀樹氏以外に立候補の届け出がなく、無投票で再選を決めた。

候補者のスコアリング】(=ポイント)

石井 友蔵氏
①公約や主張=3
②経歴=2
③支持基盤=2
=合計7.0P

中川原 秀樹氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3
=合計9.0P

※候補者のスコアリングは5段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「9P~=〇」「7P~=△」
※採点は当サイト独自調査による

雄武町長選挙2019の有権者や投票、雄武町の詳細

9月22日の投票は、7~18時に雄武町内7カ所の投票所で行い、20時から「雄武町民センター大集会室」で即日開票する。大勢判明は22時ごろの見通し。9月16日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は3652人。

雄武町長選に投票できる人

  • 2001年9月23日以前に生まれた人
  • 2019年6月16日以前に雄武町へ転入届を出し、引き続き同町に住所がある人

雄武町長選の期日前投票

期間:9月18日~21日
時間:8時半~20時
投票所:雄武町役場別館大会議室

雄武町メモ

位置 北海道北部のオホーツク管内にある
面積 636.89㎢
隣接 名寄市、興部、下川、美深、枝幸各町
人口 4455人(2019年9月1日現在)
町長報酬 (月額)78.6万円
観光地 オホーツクオムイ温泉、風の丘、日の出岬
名産品 サケ、ダッタンそば焼酎、ホタテ、毛ガニ、アンガス牛
有名人

雄武町長選2019の立候補者のプロフィールや主な経歴

◇石井 友蔵(いしい・ともぞう)氏


年齢  :68歳
出身地   :北海道雄武町
出身校 :北海道立雄武高
主な経歴 :測量会社役員、雄武町議(1期)

雄武高を卒業後、雄武町に採用された。退職後は測量会社を経営。2015年の雄武町議選で初当選し、18年3月まで町議を務めた。

◇中川原 秀樹(なかがわら・ひでき)氏


年齢  :69歳
出身地   :北海道雄武町
出身校 :千葉商科大
主な経歴 : 雄武町長(2期)、雄武副町長、町総務課長

千葉商科大を卒業後、雄武町に採用された。総務課長、副町長などの役職を歴任。2011年の雄武町長選で初当選し、15年に無投票で再選した。

雄武町長選挙2019の立候補者の主な公約・政策、主張

▽石井 友蔵氏

「地元の雄武町の郷土愛を育みたい。まちの未来に夢と希望を与えられるような町政運営を目指す」

政策・公約

  • 高度医療が受診できるよう旭川、北見両市への医療バス運行
  • 雄武高から町外へ進学する際の助成金の創設
  • 活力あふれるまちづくりの推進

▽中川原 秀樹氏

「時代は高齢化社会が進み、人生100歳時代を元気に暮らせるまちづくりを目指し、各施策を強化する」

政策・公約

  • 地域産業を強化し、所得向上と雇用創出を目指す
  • 子育てから教育まで切れ目ない支援内容の拡充
  • 生産力を強化し、地域の未来を切り開く

雄武町長選2019の争点や情勢、予想を解説

雄武町長選の争点は、人口減少対策や漁業・酪農などの地域産業の活性化策など。特に人口減少は深刻な問題をはらみ、ここ10年で約10%減っている。上幌内地区は酪農家の離農によって、約190ヘクタールが荒廃する消滅集落になった。

雄武町では2017年度から「第6期雄武町総合計画」を策定。地元で農業生産法人が主体となった酪農・農業の宿泊体験型施設を造るなど、荒廃地の利活用を展開している。農業・漁業・酪農・農業など、地元資源を有効活用する取り組みに有権者の注目が集まる。

雄武町長選の情勢を予想すると、現職の中川原秀樹氏が優位に選挙戦を進めている。2期8年の実績で、町内の支持基盤を固めている。石井友蔵氏は、終盤にどこまで追い上げたのかが注目される。

雄武町長選以外の2019年9月22日執行の注目選挙

当サイトでは雄武町長選以外にも、9月22日執行のその他の注目選挙も掲載している。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

長浜市議会議員選挙2018結果速報 立候補者29人の当落や情勢予想は

任期満了に伴う滋賀県長浜市議会議員選挙(定数26)は7月15日、告示された。投開票は同22日。29人が立候補者を届け出た。市議選の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。スポンサーリン …

那智勝浦町長選挙2017結果速報 立候補者の詳細、情勢や予想も

任期満了に伴う和歌山県那智勝浦町長選が12月19日に告知された。同24日に投開票を行う。立候補したのはともに無所属で、前町教育長の森崇氏(67)と、3選を目指す現職の寺本真一氏(64)の2人。立候補者 …

越前市議会議員選挙2018開票結果速報 立候補者25人の当落や情勢予想

任期満了に伴う福井県越前市議会議員選挙(定数22)は7月1日、告示された。投開票は同8日。25人が立候補者を届け出た。越前市議会議員選挙の立候補者の詳細や結果速報、投票率や開票状況などを伝える。スポン …

大竹市長選挙2018開票速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う広島県大竹市長選挙は6月10日、告示された。投開票は同17日。立候補者はいずれも無所属で、4選を目指す現職の入山欣郎氏(71)=自民、国民、公明推薦=と、前同市議で新人の日域究氏(66) …

伊達市長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う福島県伊達市長選は1月21日、告示された。投開票は同28日。立候補者はいずれも無所属で、4選を目指す現職の仁志田昇司氏(73)に、元伊達市議の橘典雄氏(68)、元同市議の高橋一由氏(65 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載