北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

三原市長選挙2020開票結果速報 情勢予想や立候補者の公約・経歴

投稿日:2020年8月7日 更新日:

辞職に伴う広島県三原市長選挙は8月2日、告示された。投開票は同9日。立候補を届け出たのはいずれも無所属で、元広島市消防職員の角広寛氏(61)、教育団体代表の岡田吉弘氏(35)=自民推薦=、元三原市議の荒井静彦氏(68)、イベント企画会社社長の藤岡輝久氏(50)の4人。三原市長選の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。三原市議会議員補欠選挙(欠員1)も同日程で行う。

スポンサーリンク

右上

右上




三原市の佛通寺の紅葉

三原市長選2020の開票速報・投票率速報・当選予想

角広  寛氏  得票数  3549
岡田 吉弘氏〇 得票数21194 当選
荒井 静彦氏△ 得票数11339
藤岡 輝久氏  得票数    641
※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率48.39%=確定

三原市長選は、新人の岡田吉弘氏が新人3候補を破り、初当選を果たした。

前回2017年の三原市長選の状況

▽4月16日執行=投票率57.22%
天満 祥典氏(70)=現 得票数23504 当選
荒井 静彦氏(65)=新 得票数21075
※年齢は当時

候補者のスコアリング】(=ポイント)

角広 寛氏
①公約や主張=2
②経歴=2.5
③支持基盤=2
=合計6.5P

岡田 吉弘氏
①公約や主張=3.5
②経歴=2.5
③支持基盤=3.5
=合計9.5P

荒井 静彦氏
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=2.5
=合計8.5P

藤岡 輝久氏
①公約や主張=2
②経歴=2
③支持基盤=1.5
=合計5.5P

※候補者のスコアリングは5段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「9P~=〇」「7P~=△」「6.5P以下=対象外」
※採点は当サイト独自調査による

三原市議補選に立候補した住田、村上両氏の得票数や投票率

三原市議会議員補欠選挙(欠員1)にはいずれも無所属で、会社代表で元職の住田誠氏(48)と、無職で新人の村上孝治氏(72)の2人が立候補した。三原市議補選の当選者、得票数や投票率などを伝える。

三原市議補選の立候補者

住田    誠氏 得票数18176 当選
(すみだ・まこと)
村上 孝治氏 得票数14190
(むらかみ・こうじ)
※投票率48.39%=確定

三原市長選挙(三原市議補選)2020の有権者や投票、三原市の詳細

8月9日の投票は、7~20時(一部投票所で繰り上げ)に三原市内71カ所の投票所で行い、即日開票する。8月1日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は7万7689人(男3万6779人、女4万910人)。

三原市長選(三原市議補選)に投票できる人

  • 日本国籍を有している人
  • 2002年8月10日以前に生まれた人
  • 2020年5月1日以前に三原市へ転入届を出し、引き続き住所を有する人

三原市長選(三原市議補選)の期日前投票

期 間:8月3日~8月8日
時 間:8時半~20時
投票所:5カ所

  • 三原市役所本庁舎1階正面玄関ロビー
  • 三原市役所本郷支所別館
  • 久井保健福祉センター
  • 三原市役所大和支所1階
  • 小佐木公民館(8月4日、10時~正午)

三原市メモ

位置 広島県の南部にある
面積 471.55㎢
隣接 尾道、竹原、東広島各市、世羅町/愛媛県今治市
人口 9万2548人(2020年6月30日現在)
市長報酬 (月額)94万3000円
観光地 三原城址、高山城、すなみ海浜公園、佛通寺
名産品 マダコ、日本酒
有名人 河井克行(元法務相、衆院議員)、島田和幸(ファンケル社長CEO)

三原市長選2020の立候補者のプロフィールや主な経歴

◇角広 寛(すみひろ・ゆたか)氏


生年月日:1959年
出身地   :広島県三原市
出身校 :東京農工大
主な経歴:三原市消防職員

東京農工大を卒業。三原市市内の消防署などに38年間勤務して、2020年3月に定年退職した。退職後は農業に従事する傍ら、国蝶のオオムラサキの保全に携わるなど、地域の活動を展開している。

◇岡田 吉弘(おかだ・よしひろ)氏


生年月日:1985年
出身地   :広島県三原市
出身校 :京大院工学研究科修了
主な経歴:日東電工社員、松下政経塾

2008年3月に京大工学部を卒業、11年3月京大院を修了。同年4月に日東電工に入社した。14年に松下政経塾に入塾。18年3月に卒塾後、同年4月にプログラミングの一般社団法人を設立し、代表理事に就任した。

◇荒井 静彦(あらい・しずひこ)氏


生年月日:1952年10月31日
出身地   :広島県三原市
出身校 :京都産業大
主な経歴:三原市議(3期)、三原市議会副議長、大和町議(1期)、

京都産業大卒業後、元衆院議員の中川秀直氏の秘書を務める。1991年の大和町議選で初当選。2008年の三原市議選で初当選して連続3選を果たした。17年の三原市長選では2429票差で現職に敗れた。

◇藤岡 輝久(ふじおか・てるひさ)氏


生年月日:1970年
出身地   :広島市
出身校 :広島県立安西高
主な経歴:宝飾イベント会社社長、運送会社員

広島県立安西高を卒業。運送会社などでの勤務後、2006年に宝飾イベント会社の社長を務める。広島市在住で三原市への居住歴はない。今回の立候補した4氏の中で最も遅い7月28日に出馬表明した。

三原市長選挙2020の立候補者の主な公約・政策、主張

▽角広 寛氏

「環境保全や防災に力を入れていく。水質保全に向けた条例の制定も目指す。豪雨災害に備えた河川の強化、防災拠点としの整備も進めたい」

政策・公約

  • 子育て支援の充実と教育改革の推進
  • 高齢者支援の充実を図る
  • 地産地消に向けた市民総営業マンの意識づけ
  • 三原しまなみ観光の促進、農林水産業の活性化
  • 避難所運営の見直しや堤防の整備・強化
  • 水道水の質の向上
  • 行政事務の簡素化で市民の利便性向上を図る

▽岡田 吉弘氏

「市民に対して情報公開を徹底する。市民と膝をつき合わせて対話を深め、納得感につなげていきたい。三原に戻ろうと思う前向きな人を増やしたい」

政策・公約

  • ウィズコロナ時代の全国に誇れるICT政策の推進
  • 子育て支援コンシェルジュの配置など多様な子育て支援の拡充
  • 在宅医療の充実や介護を受けられる環境整備
  • 市内企業の新商品を市役所が優先発注し、販売実績のトライアル発注制度の創出
  • サテライトオフィスの誘致、フリーランスや起業家の移住促進
  • 中心市街地の再生や移住促進に向けた空き家の活用
  • 西日本豪雨災害の完全復興やSNS等による共助促進の情報発信強化

▽荒井 静彦氏

「市政運営にしがらみは必要ない。苦難もあるが、これが金権政治を断つ道だと信じている。政治に不信・不安を持っている三原市を変えていきたい」

政策・公約

  • 市長の歳費を30%カット、中学生までの給食費の無料化
  • 条件に応じて中学生の家庭へ月1万円の習い事助成事業の創出
  • 福祉事業従事者へ3年間の継続勤務で慰労金の支給を検討
  • 三原市全域を無料Wi-Fiの整備、スマート農業の推進
  • まちづくり、起業などの専門家によるサポートセンター開設
  • 移住や定住に向けた専門相談窓口の設置
  • 河川改修など市内の危険箇所の整備を国や県に要請

▽藤岡 輝久氏

「政治を変えていかないといけない。こんなことをやっていたら、未来の子どもたちの夢がなくなる。環境を少しでも変えるため、自分が行動に移した」

政策・公約

  • 市民に政治参加の意識を高めてもらう
  • 若者に対して政治や市政にもっと関心を持ってもらう
  • 市民のためにという思いで市役所職員の意識改革
  • 自身の手で市民のために働く市政に育てる
  • 買収事件を受け、人を代えなければ何も変わらない
  • 一から市政や広島県を立て直していく
  • 人口減少、少子化対策に多方面からアプローチしていく

三原市長選2020の争点や情勢、予想を解説

三原市長選は、2019年7月の参院選広島選挙区を舞台にした、買収事件による出直し選挙となった。前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から、現金150万円を受け取った前三原市長の天満祥典氏(73)が辞職。2005年の市町村合併後の市長選で最多の4候補が乱立した。

三原市長選の争点は、クリーンな政治姿勢を求める有権者の要望を各候補がどのように具現化していくのか。政治姿勢のあり方が問われる選挙戦でもある。世界規模でまん延する新型コロナウイルス感染症に対する防止策、経済回復策も多くの有権者にとって、関心の高いテーマになる。

三原市長選の情勢を予想すると、自民推薦の岡田吉弘氏と、前回2017年市長選に出馬した荒井静彦氏の一騎打ちになる公算が大きい。岡田氏の告示日の出陣式では、湯崎英彦広島県知事、国会議員も駆けつけた。地元医師会をはじめ、経済団体への票固めも着々と進む。これを荒井氏が追う展開となっている。

三原市長選以外の2020年8月9日執行の注目選挙

当サイトでは三原市長選以外にも、8月9日執行のその他の注目選挙も掲載している。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AlphaOmega Captcha Classica  –  Enter Security Code
     
 

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

国道274号日勝峠が10月末に開通予定 2016年の台風被害から復旧

北海道開発局は8月22日、2016年8月30日からの台風10号の影響で、通行止めになっている国道274号の日勝峠(日高町千栄~清水町間36.1km)が、10月末までに開通する見通しを発表した。スポンサ …

北海道沖にM9の超巨大地震が襲来 政府発表で30年以内の確率40%

北海道に超巨大地震が襲来する? 政府の地震調査委員会は12月19日、北海道沖の千島海溝でマグニチュード(M)9規模の超巨大地震が、今後30年以内に7~40%の確率で起こるとの見解を発表した。同委では「 …

IR汚職で現金受領 北海道選出の中村裕之・船橋利実両議員が関与を否定

北海道内を舞台にしたカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をめぐり、中国の企業「500ドットコム」が5人の衆院議員に現金各100万円を渡したと供述している事件で1月5日までに全員が受領を否定して …

北海道のウィンターゴルフが「スポーツ文化ツーリズムアワード」受賞

冬の北海道でゴルフができる-。冬期間は雪のため、クローズしていたゴルフ場の有効活用で、雪上で行う「ウィンターゴルフ」がブームになっている。11月22日、3庁連携プロジェクトの「スポーツ文化ツーリズムア …

北海道栄高野球部の渡辺伸一監督が退任 3年生部員への体罰が発覚

私立北海道栄高(白老町、渡辺和弘校長)野球部の渡辺伸一監督(45)が、11月に3年生部員へ体罰をしたとして監督を退任していたことが12月7日、分かった。学校から11月21日付で停職3カ月の処分を受け、 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

記事分類

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ニュース、話題、観光、スポーツ情報などが満載