北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

北海道新幹線は“恥ずかしがり屋さん?” 札幌の地上走行は約1km

投稿日:2017年8月25日 更新日:

2030年度末の札幌延伸を目指す北海道新幹線が、札幌-新小樽(仮称)間で札幌市の地上走行区間が約1kmになると、8月25日付の北海道新聞が報じた。同区間は全長26.2kmの「札樽トンネル」を設け、同市中央区北6西10が出入り口になるという。

スポンサーリンク

右上

右上





北海道新聞によると、8月23日に札幌市内で開いた鉄道建設・運輸施設整備支援機構の住民説明会で計画を明らかにした。地上走行は中央区北6西10の石山通をくぐってすぐのあたりで、在来線と並行して札幌市の所有地に建設する高架を走行して、札幌駅に接続する仕組み。札幌市内で新幹線の車体を拝めるのは、たったの1kmにとどまり、少々寂しさを感じる。これには、大都市を走るための影響を考慮したものだ。

引用:北海道新聞 札幌市中央区北6西10近辺

地上走行区間が長ければ、騒音の問題で近隣住民の生活環境が悪化する。騒音被害が発生しないトンネル区間を長くすれば、その分、騒音問題がクリアできる。約1kmの地上走行区間でも、住宅やオフィス街、北海道大学が近隣にあり、高いレベルの防音対策が必要だ。高架の工事では騒音や振動を吸収するなど、近隣への負担を減らすよう環境維持を大前提にプロジェクトを進めていく。

撮り鉄」にとって頭を悩ますシャッターチャンス

北海道新幹線が“恥ずかしがり屋”とあって、多くの鉄道ファンががっかりするかもしれない。大都会・札幌市を走る新幹線の勇姿を撮影しようにも、わずか1kmではあっという間。場所柄、撮影ポイントも限定され、「撮り鉄」の方々の頭を悩ませる。札幌市内の地上走行は、徐行区間であることが考えられる。時速60kmで徐行したとしても、わずか1分で札幌駅に到着してしまう。

札幌延伸に向けては、新小樽側から手稲山を貫通してトンネルと接続する計画。JR発寒駅の線路をくぐり、同駅から琴似駅までの在来線と新幹線の地下トンネルが並行する。2017年6月の段階では、西区西宮の沢から地上走行に入る計画だったが、これが7.5kmほど札幌駅方向にトンネルを延長した形だ。

北海道新幹線は2016年3月26日に新青森-新函館北斗駅(約148km)が開業した。札幌延伸に向けて、新函館北斗駅からは「新八雲」(仮称)「長万部」「倶知安」「新小樽」(仮称)の4駅を挟む。距離は約212kmで計14市町村を経過する。

所要時間は東京-新函館北斗が4時間2分、仙台-新函館北斗が2時間30分、新青森-新函館北斗が1時間1分の各最短時間で結ぶ。運行本数は東京-新函館北斗間などが1日10往復となっている。東京-札幌間は、5時間1分で結ぶというのが、一つの目安になっている。

右上

右上




右上

右上




-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キャメルファームのワイナリーが9月4日に完成 北海道余市町

北海道余市町の「キャメルファーム」のワイナリーが9月4日、竣工式を行った。今後、醸造に向けて本格的に作業を進めていく。同ワイナリーは、カルディコーヒーファームを展開するキャメル珈琲グループが運営母体。 …

世界遺産「知床」ナンバーが愛車に 2020年の交付を目指して協議

    北海道の知床半島周辺の7市町が、世界自然遺産の「知床」を自動車のナンバーププレート導入に向けて協議していると、9月9日付の北海道新聞が報じた。世界自然遺産に登録されている知 …

早実・清宮幸太郎が北海道に来る?ドラフト会議で日本ハム交渉権を獲得

プロ野球のドラフト会議が10月26日、都内で行われ、高校通算111本塁打を放った早実高の清宮幸太郎内野手(3年)の交渉権を北海道日本ハムファイターズが獲得した。高卒選手では1995年の福留孝介(PL学 …

新型コロナウイルス(新型肺炎)北海道の感染者数の推移を速報

新型コロナウイルス(COVID-19、新型肺炎)が世界各地で猛威を振るっている。世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長がパンデミック(世界的流行)を宣言した。北海道では1月28日に中国湖北 …

北海道のウィンターゴルフが「スポーツ文化ツーリズムアワード」受賞

冬の北海道でゴルフができる-。冬期間は雪のため、クローズしていたゴルフ場の有効活用で、雪上で行う「ウィンターゴルフ」がブームになっている。11月22日、3庁連携プロジェクトの「スポーツ文化ツーリズムア …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類