北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

速報!北朝鮮が弾道ミサイル発射 北海道の襟裳岬東方沖1180kmに落下

投稿日:2017年8月29日 更新日:

8月29日5時58分ごろ、北朝鮮西岸から1発の弾道ミサイルが発射された。Jアラート(全国瞬時警報システム)が一斉配信した。政府はミサイルが日本の上空を通過して、北海道襟裳岬沖東方1180km地点に落下したと発表した。

スポンサーリンク

右上

右上




引用:NHK NEWS WEB

安倍晋三首相は「国民の生命をしっかり守るため、万全を期したい。政府ではミサイル発射直後から動きを完全に把握していた」と話した。

6時40分すぎに菅義偉官房長官が臨時の記者会見を行い、国内への被害が確認されていないと発表した。菅長官は「これまでにない深刻かつ重大な脅威」と北朝鮮を強く非難した。政府によると、ミサイルは3つに分離され、渡島半島を通過し、同日6時6分ごろ、北海道襟裳岬上空を通過。6時12分ごろ、襟裳岬東方1180km地点に落下したと発表した。弾道ミサイルの飛行距離は2700km、最高高度は550kmと推定している。

日本によるミサイルの破壊活動はなかった。政府は国家安全保障会議(NSC)を開き、対応を協議した。国連へ安保理緊急会合開催を申し入れた。国際社会と連携し、北朝鮮と圧力を強めていく。

時事通信によると、韓国軍合同参謀本部は平壌の順安付近から日本海に向けて、ミサイルが発射されたことを確認。聯合ニュースによると、ミサイルの飛行距離は2700kmと推定した。ミサイルは北朝鮮がグアム近海に4発を発射すると警告した火星14号との情報もある。日本では中距離弾道ミサイルの火星12号と推測している。

事前通告なしに北海道上空を通過

北朝鮮が事前通告をしないでミサイルを発射し、日本の上空を通過するのは異例。日本の上空を通過するのは、今回で5回目になる。現在、米韓の合同軍事訓練を行っており、北朝鮮は連日非難していた。8月26日には日本海に向けて3発の飛翔体を発射している。米太平洋軍は短距離弾道ミサイルと分析していた。

Jアラートは、「国民保護に関する情報」として「ミサイル通過」を一斉配信した。警戒対象地域は以下の通り。
・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県

北海道庁では午前7時すぎ、危機対策課の職員が集まり、道内各地の自治体へ被害状況などの確認を行った。道内各地では、自治体の防災無線を通じて、住民に警戒を呼び掛けるサイレンと音声が早朝に鳴り響いた。今のところ、道内で被害は確認されていない。

JR北海道ではミサイル通過を受けて一時、北海道新幹線を含む全在来線の運転を見合わせたが、6時25分すぎに全線で運転を再開。在来線で20~30分の遅れが出た。釧路市漁協によると、サンマ漁のため7隻が釧路数十キロで操業していたが、被害は確認されていない。

政府や北海道では今後も引き続き、北朝鮮のミサイル発射の情報収集をしていく。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

元ヤンキー町議が風営法違反で逮捕 4月の福岡県みやこ町長選に出馬

元ヤンキー町議として、2018年4月10日投開票の福岡県みやこ町長選に出馬して落選した橋本真助容疑者(32)=会社役員=が6月21日、福岡県警に逮捕された。逮捕容疑は風営法違反(年少者雇用)で、18歳 …

北海道沖にM9の超巨大地震が襲来 政府発表で30年以内の確率40%

北海道に超巨大地震が襲来する? 政府の地震調査委員会は12月19日、北海道沖の千島海溝でマグニチュード(M)9規模の超巨大地震が、今後30年以内に7~40%の確率で起こるとの見解を発表した。同委では「 …

北海道新幹線は“恥ずかしがり屋さん?” 札幌の地上走行は約1km

2030年度末の札幌延伸を目指す北海道新幹線が、札幌-新小樽(仮称)間で札幌市の地上走行区間が約1kmになると、8月25日付の北海道新聞が報じた。同区間は全長26.2kmの「札樽トンネル」を設け、同市 …

キャメルファームのワイナリーが9月4日に完成 北海道余市町

北海道余市町の「キャメルファーム」のワイナリーが9月4日、竣工式を行った。今後、醸造に向けて本格的に作業を進めていく。同ワイナリーは、カルディコーヒーファームを展開するキャメル珈琲グループが運営母体。 …

新型コロナウイルス(新型肺炎)北海道の感染者数の推移を速報

新型コロナウイルス(COVID-19、新型肺炎)が世界各地で猛威を振るっている。世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長がパンデミック(世界的流行)を宣言した。北海道では1月28日に中国湖北 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類