北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

この機会に考察 Jアラートの4分間でできること、できないこと

投稿日:

北朝鮮から8月29日午前5時58分に中距離弾道ミサイルが発射された。Jアラート(全国瞬時警報システム)が発令され、iPhoneやAndroidなどのスマホでも一斉に警報が鳴り響いた。4分の猶予期間でどのような避難行動ができるのか検証する。

ミサイル発射から北海道襟裳岬東沖の太平洋上に落下するまでの時系列は次の通り。

5:58…北朝鮮の順安(スンアン)から中距離弾頭ミサイルが発射される

6:02…Jアラートが「国民保護に関する情報」として警報を発令
警戒対象地域は・北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県
・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・長野県

6:06…Jアラート発令から4分が経過し、北海道渡島半島から襟裳岬にかけて飛来

6:14…北海道襟裳岬東1180km沖に着弾

Jアラートの警報が鳴ってから4分後に北海道渡島半島上空に、ミサイルが到達したことになる。今回のケースでは、この4分間で身を守る退避行動をとらなければならない。

Jアラートは、政府が人工衛星などを通じて、各地自治体などに緊急情報を伝えるシステムだ。通信衛星と各地自体の防災無線、有線電話とリンクさせ、情報を瞬時に対象地域に知らせる。有事に加え、震災での警戒を呼びかけるため、2007年から運用を開始した。

限られた時間の中でも命を守る行動は可能

Jアラートが発令された場合、退避行動は限定されるが、初動によって生存確率が高まることは事実だ。調理器具の日を消し、ガスの元栓を閉めることはできる。非常用の持ち出し袋を出すこともできる。近くに地下施設があれば退避もできる。

ネット上では「4分間でなにもできない」「どこに避難すればいいのか分からない」などの書き込みも多い。Jアラートの警報がなければ、地下施設の入り口近くにいても気づくことができず、退避行動をとることができない。

もちろん、命の保証が100%あるわけではないが、車を運転中なら少なくとも停車することはできるはずだ。高速道路なら路側帯へ緊急停車することも可能(道交法で危険回避のため適法)。

地域や時間帯によって、できることとできないことは出てくる。今回の北朝鮮のミサイル発射を機に、避難活動についてシミュレーションをしてみるきっかけにもなる。有事の際の意識を平常時から持ち続けることが重要ではないだろうか。

今回の避難の猶予期間である4分間は、日本の先進技術がなせるものだ。世界各地で日本のような有事の際のJアラートのようなシステムは、米国でも整備が進んでいない。各自治体では、スムーズな運用ができないケースも相次いだが、否定的な考えでは身を守ることができない。

右上

右上




右上

右上




-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

北海道のウィンターゴルフが「スポーツ文化ツーリズムアワード」受賞

冬の北海道でゴルフができる-。冬期間は雪のため、クローズしていたゴルフ場の有効活用で、雪上で行う「ウィンターゴルフ」がブームになっている。11月22日、3庁連携プロジェクトの「スポーツ文化ツーリズムア …

北海道が9年連続1位 函館2位・札幌3位 魅力的な都市ランク2017

ブランド総合研究所(東京)はこのほど、国内47都道府県と1000の市区町村を対象にした「地域ブランド調査2017」の結果を発表した。都道府県の1位が北海道で2009年に調査項目に加えてから9年連続の1 …

北海道新幹線は“恥ずかしがり屋さん?” 札幌の地上走行は約1km

2030年度末の札幌延伸を目指す北海道新幹線が、札幌-新小樽(仮称)間で札幌市の地上走行区間が約1kmになると、8月25日付の北海道新聞が報じた。同区間は全長26.2kmの「札樽トンネル」を設け、同市 …

IR汚職で現金受領 北海道選出の中村裕之・船橋利実両議員が関与を否定

北海道内を舞台にしたカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をめぐり、中国の企業「500ドットコム」が5人の衆院議員に現金各100万円を渡したと供述している事件で1月5日までに全員が受領を否定して …

10月28日に日勝峠の通行止めを解除 2016年8月の台風被害から復旧

国土交通省北海道開発局とNEXCO東日本北海道支社は10月24日、台風被害で2016年8月30日から寸断されていた国道274号の日勝峠を10月28日13時から通行止めを解除すると発表した。札幌と十勝圏 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類