北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

ニュース

「さっぽろラーメンタクシー」誕生へ 札幌商工会議所が認定事業を開始

投稿日:

北海道札幌市で初の「ラーメンタクシー」が誕生する。札幌商工会議所が9月1日、「さっぽろラーメンタクシー」の認定事業を開始した。国際観光都市・札幌を訪れる国内外の観光客に、おすすめのラーメンを紹介し、地域の活性化とPRを図るのが狙いだ。

観光客にとって外せない札幌ラーメン店をタクシードライバーが教えてくれる。乗客が自身の好みや要望を伝えれば、ドライバーが最適な一軒を紹介できる仕組み。ドライバーはもちろん、市内のラーメン店、観光客にとってもメリットがあり、札幌を代表する味の世界発信にも大きく役立つ。

西山製麺(札幌)によると、札幌市内には1,000店以上のラーメン店がひしめき合っているという。この中で好みの一杯を見つけるのは、非常に困難だ。観光ガイドブックも正確性や信ぴょう性となると、広告などの関係もあり、あまり参考にならない。となると、市民目線に近いドライバーの感覚が重要になる。

【さっぽろラーメンタクシー事業概要(店舗)】
募集期間:2017年9月1日(金)~9月22日(金)
参加費:年間5,000円
参加資格:
・札幌市内に店舗を構えるラーメン店であること
・札幌商工会議所会員であること(参加申し込み後の入会でも可)
募集店数:50店(50店を大きく超えた場合は抽選)
実施主体:さっぽろラーメンタクシー実行委員会
協力団体:北海道観光振興協会、札幌市、札幌観光協会、札幌ハイヤー協会など

早ければ2017年内にも第1号車が誕生するかも

「さっぽろラーメンタクシー」の認定を受けるためには、事業に参加している半数の店舗で試食し、A4判のレポートを提出が条件。例えば50店の参加なら、25店で試食して同数のレポート提出が必要になる。条件を満たせばラーメンタクシー認定のステッカーが交付される。2017年度のラーメンタクシーの認定ドライバーは、200人を目標にしている。ドライバーの試食は1食500円に設定している。

札幌市が発表した2016年度の「来札観光客数」は1,388万人で前年度比1.7%の増加を見せた。インバウンド(訪日外国人)による宿泊数は209万3,000人で、前年度の191万7,000人を大きく上回る9.2%増となり、5年連続で過去最多を更新している。

今後は9月下旬まで事業に参加するラーメン店を受け付ける。10月から「さっぽろラーメンタクシー」を希望するドライバーやタクシー会社の受け付けを開始。10~11月にはドライバーによる試食をスタートさせる。早ければ今年中にも、「さっぽろラーメンタクシー」が誕生する。

右上

右上




右上

右上




-ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

札幌市議が米国とカナダへ海外視察中 8年ぶりの実施で報告に注目

11人の札幌市議が11月5日~11日の7日間の日程で、米国とカナダへ公費による海外視察中だ。視察の実態にそぐわない批判を受け、2009年に凍結されてから8年ぶりの実施。北海道の主要市では札幌市以外、公 …

国道274号日勝峠が10月末に開通予定 2016年の台風被害から復旧

北海道開発局は8月22日、2016年8月30日からの台風10号の影響で、通行止めになっている国道274号の日勝峠(日高町千栄~清水町間36.1km)が、10月末までに開通する見通しを発表した。スポンサ …

キャメルファームのワイナリーが9月4日に完成 北海道余市町

北海道余市町の「キャメルファーム」のワイナリーが9月4日、竣工式を行った。今後、醸造に向けて本格的に作業を進めていく。同ワイナリーは、カルディコーヒーファームを展開するキャメル珈琲グループが運営母体。 …

北海道下川町でローカルベンチャー「シモカワベアーズ」の募集を開始

北海道下川町では、地方都市での起業や就業を支援するプロジェクト「シモカワベアーズ」の募集を開始した。町内企業への就業や後継者、「地域おこし協力隊」の制度を活用し、起業者・就業者を募集。地域の活性化など …

小樽の海で溺死した3人の札幌南陵高生 タカトシのトシの後輩だった 

北海道小樽市銭函の海岸で見つかった男性3人の遺体の身元が、8月27日に海水浴中に行方不明になっていた札幌南陵高校の生徒であることを28日、小樽署が発表した。3人は人気お笑いコンビのタカアンドトシのトシ …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類