北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

グルメ・食材

芽室コーンサイダーが好調 北海道の「十勝地サイダー研究会」が発売

投稿日:

北海道の十勝地方で生産・販売している芽室コーンサイダーが、順調な売れ行きを見せている。帯広市の「十勝地サイダー研究会」が開発・運営しているもので、発売から約5カ月で5000本近くを販売し、年間目標の7500本をクリアするのが確実になった。

スポンサーリンク

右上

右上




出典:十勝地サイダー研究会

コーンの甘みが凝縮された独自のテイスト

芽室町は、トウモロコシの生産量が日本一。地元の十勝産のトウモロコシを有効活用し、コーンの色あいも生かした黄色いサイダーだ。自然な甘みと風味が特徴で、後味がすっきりとしてさわやか。子どもはもちろん、高齢者も含めて広く愛されている。

芽室コーンサイダーは、1本240ml入りで250円。町内の各種店舗や町の観光物産協会「呼路未来」、国民宿舎新嵐山荘などで販売している。

開発したきっかけは、品質に全く問題ないものの、出荷できない規格外のスイートコーンの有効活用だった。町内の農家から提供されたスイートコーンを煮詰めてエキスを抽出。1年半の試行錯誤を経て、独自の製法を考案して商品化に成功した。

現在、町内を中心に販売しているが、今後は状況を見ながら販路拡大も視野に入れている。サイダーを通して、芽室町が誇るスイートコーンの全国的なPR活動を推進させていく考えだ。

研究会が手がける全8種の「地サイダー」の数々

十勝地サイダー研究会では現在、十勝管内の各自治体の特色を生かした「地サイダー」を8種類(8地域)開発して、商品化している。芽室コーンサイダーのように、地元の味がギュッと詰まった味わいが特色のサイダーだ。

出典:十勝地サイダー研究会

【十勝地サイダーのこのほかの種類】

▽足寄オンネトーブルー
森林浴の気分を味わえるさわやかな味が特徴。神秘的なオンネトー湖水にあるマンガン鉱物の沈殿をサイダーに再現した

▽池田ぶどうサイダー
ワインのマチ池田町を象徴する、地元産のブドウをふんだんに使用した。酸味のあるワインテイストを実現し、香りにこだわった逸品

▽更別すももサイダー
更別村の名産品であるスモモを使用した。フルーティーな味はサイダーに最適で、鼻孔をくすぐる香りが引き立つ

▽清水アスパラサイダー
アスパラバスの産地である清水町の特色を生かした。アスパラガスの栄養価の高い部分をぜいたくに使用し、十勝産のビートオリゴ糖を配合

▽新得うめサイダー
新得町で生産している希少価値の「奇跡の梅」をふんだんに使用。完熟梅と青梅が絶妙な配分で甘酸っぱい味を実現させた

▽広尾しおサイダー
太平洋に面した広尾町の特色を生かした。甘さをさらに引き立たたせるよう、塩味を効かせたこだわりの逸品に仕上げた

▽本別黒豆サイダー
本別町は豆の生産地でも知られる。おせち料理の定番の黒豆をサイダーに生かした発想力は、サイダーに香ばしさという新感覚を見いだした

北海道の十勝地方は、食料自給率が1100%以上で、国内で追随を許さない農畜産王国。地元の素材を存分に生かし、サイダーという新商品を開発するアイデアが素晴らしい。今夏、十勝を訪れる旅行者がSNS上で十勝地サイダーの魅力を発信し、徐々に広がりを見せつつある。

右上

右上




右上

右上




-グルメ・食材
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

北海道を凝縮! 湖池屋が「ポテトチップス 北の食べごろ」を発売

湖池屋が11月20日から、北海道の素材にこだわった「ポテトチップス 北の食べごろ」シリーズの2種類を期間限定で全国発売する。「北海道バター」と「焼き塩と北海道こんぶ」のラインアップで、発売前から早くも …

北海道チーズ生チョコレートが12月1日から登場 鹿追チェダーとコラボ

新感覚テイストの北海道チーズ生チョコレートが12月1日、シルスマリア(横浜市)から新登場する。北海道十勝にある鹿追チーズ工房の「鹿追チェダー」と、北海道産のチーズパウダーを使用。チーズと生チョコレート …

「あいぱく」が2年ぶり北海道開催 国内最大のアイスクリーム万博

国内最大のアイスクリーム万博「あいぱく北海道 in 札幌2019」が8月15~20日までの6日間、札幌市中央区北3条広場の「アカプラ」で開催する。期間中、札幌市の人口とほぼ同じ累計入場者数200万人を …

札幌東急REIホテルにイチゴスイーツ7種が集結 ワンコインパフェも

札幌東急REIホテルでは、2019年3月1日(金)~4月30日(火)までイチゴを使った7種のスイーツを提供する。春が旬のイチゴを使ったワンコインパフェなど、札幌のスイーツシーンを赤く盛り上げる。スポン …

道の駅「なないろ・ななえ」が誕生 史上初!小原のガラナソフトが話題

函館市の隣町・七飯町に2018年3月23日、道の駅「なないろ・ななえ」が誕生した。同市内から車で約30分のアクセスで、同町特産のリンゴと七色をデザインしたロゴが目立つ。注目はあの道民御用達の炭酸飲料を …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類