北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

相馬市長選挙2017結果速報! 選挙の詳細や立候補者、情勢を紹介

投稿日:2017年12月9日 更新日:

任期満了に伴う福島県相馬市長選は、12月17日告示・同24日投開票で行われる。立候補したのはともに無所属で、5選を目指す現職の立谷秀清氏(66)と、元相馬市議で新人の荒川五郎氏(69)の2人。前回2013年市長選と同じ顔ぶれとなった。

スポンサーリンク

右上

右上




相馬市役所(出典:福島民報)

相馬市長選速報

立谷 秀清氏 得票数10272 当選
荒川 五郎氏 得票数  7820

※12月24日20時現在=投票率61.80%(確定)

両候補のプロフィルや主な経歴など

立谷氏は福島県立医大を卒業後、1977年に医師免許を取得。気仙沼総合病院、東北大医学部付属病院、相馬総合病院勤務などを経て、83年に立谷内科医院を開業。相馬中央病院長を務め、95年の福島県議選で初当選した。01年相馬市長選に初当選し、4期連続で当選している。

荒川氏は札幌大経済学部を卒業。2003年4月の相馬市議選に初当選し、3期務めた。2013年の相馬市長選でも立候補したが、現職の立谷氏に敗れている。市文化団体連絡協議会長などの要職も歴任。前回市長選では275差で惜敗し、この4年間は草の根活動で政策を訴えてきた。

◇立谷 秀清(たちや・ひできよ)氏

出典:毎日新聞

生年月日:1951年6月
出身地 :福島県相馬市
出身校 :福島県立医大
主な経歴 : 相馬市長(4期)、福島県議(1期)、内科医

◇荒川 五郎(あらかわ・ごろう)氏

出典:福島民友

生年月日:―
出身地   :福島県南相馬市
出身校 :札幌大経済学部
主な経歴 : 相馬市議(3期)、市文化団体連絡協議会長

両候補の主な公約や主張など

▽立谷氏
・復興へ向けた整備や事業の継続と推進
・多選批判は甘んじて受けいれる(01年初当選時に自身で多選に批判的な見解だった)
・4期16年の実績や震災復興への手腕

▽荒川氏
・子どもの育成に携わる人、仲人など将来に備えた人材の育成
・県とのパイプを太くし、復興に携わる企業を積極的に誘致する
・現職の多選による弊害からの脱却し、新鮮な風を市政に送る

選挙の争点や情勢などを解説

相馬市長選の争点は、5選を狙う立谷氏の多選を市民がどのように判断するのか。立谷氏は01年の初当選時に、多選による弊害などを強調していた。ところが、自身も多選となり、次第に市民感情にも変化が出ている。

その表れが前回2013年の市長選で、立谷氏がわずか275票という小差で荒川氏をかろうじて振り切ったことに集約される。投票率は63.9%で過去最低だった。2017年市長選も継続か刷新かで非常に注目される。現状では接戦になる可能もある。

12月24日の投票時間は7~18時で、20時から「スポーツアリーナそうま」で開票が行われる。12月1日現在の選挙人名簿登録者数は29,876人(男14,711人、女15,165人)。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

上郡町議選挙2021結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

目次1 定数10に14人立候補2 上郡町議選2021の開票速報・投票率・情勢3 上郡町議選挙2021の有権者や投票、上郡町の詳細4 前回2017年の上郡町議選の状況、当選者や投票率5 上郡町議選挙以外 …

美郷町議選挙2021結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

目次1 定数16に17人立候補2 美郷町(秋田県)議選2021の開票速報・投票率・情勢3 美郷町(秋田県)議選挙2021の有権者や投票、美郷町の詳細 定数16に17人立候補 任期満了に伴う秋田県美郷町 …

月形町長選挙2020開票結果速報 情勢予想や立候補者の公約・経歴

任期満了に伴う月形町長選挙は9月22日、告示された。投開票は同27日。立候補を届け出たのはともに無所属で、再選を目指す現職の上坂隆一氏(69)=自民推薦=と、新人で元月形町議の宮下裕美子氏(53)の2 …

高山村長選挙2018結果速報 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う群馬県高山村長選挙は3月13日、告示された。投開票は同18日。立候補者はいずれも無所属で、新人で元同村議(3期)の平形富二夫氏(67)と、再選を目指す現職の後藤幸三氏(70)の2人。20 …

帯広市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う帯広市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属で、3選を目指す現職の米沢則寿氏(62)=立憲民主推薦=、新人で前市議会議長の小森唯永氏(68)の2人。8年 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類