北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

東みよし町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

投稿日:2018年4月5日 更新日:

任期満了に伴う徳島県東みよし町長選挙は4月3日、告示された。投開票は同8日。立候補者はいずれも無所属新人で、元同町議の松浦明人氏(48)と、住職の長谷川隆法氏(70)、元同町議で製材業の松浦敬治氏(53)の3人。現職の川原義朗氏(68)は4選不出馬を表明している。東みよし町長選挙の立候補者の公約や主張、情勢予想、投票・開票状況を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




加茂の大クス

東みよし町長選挙速報

松浦   明人氏〇 得票数3797
長谷川隆法氏  得票数  458
松浦   敬治氏△ 得票数4975 当選
※情勢予想で◎=有力、〇=やや有力、△=やや苦戦、無印=評価対象外
※投票率53.40%

新人同士の戦いとなった東みよし町長選は、松浦敬氏が2候補を破り、初当選を決めた。

東みよし町長選挙の有権者や投票の詳細

4月8日の投票は、7~20時(一部投票所で繰り上げ)までで、町内17カ所の投票所で行い、21時20分から「東みよし町役場三加茂庁舎2階多目的ホール」で即日開票する。4月1日現在の選挙人名簿登録者数は1万2434人(男5853人、女6581人)。任期満了日は4月15日。

▽期日前投票
期間:4月4日~4月7日
時間:8時半~20時
投票所:町内2カ所
・東みよし町役場三加茂庁舎2階会議室
・東みよし町役場三好庁舎1階相談室

▽東みよし町メモ
位置:徳島県西部に位置し、香川県に隣接
人口:1万4577人(2018年2月1日現在)
特色:国の特別天然記念物に指定されたクスノキの「加茂の大クス」が有名
名産品:桐下駄

選挙の争点や情勢、予想などを解説

東みよし町長選の争点は、3期目で勇退する現職の川原町政の継承を町民がどのように判断するのかがポイントだ。町政の継続は松浦明、松浦敬両候補が明らかにしている。長谷川氏は態度を明らかにしていない。今回も大きな争点がない選挙戦になりそうだ。

情勢を予想すると、松浦両候補の事実上の一騎打ちになる公算が大きい。長谷川氏は前回2014年の町長選挙に続き、2回目の出馬。前回は川原氏に4000以上の得票差をつけられ、大敗している。

立候補者のプロフィルや主な経歴など

◇松浦 明人(まつうら・あきひと)氏

生年月日:1969年9月23日
出身地   :徳島県
出身校 :徳島県立脇町高
主な経歴 : 東みよし町議(2期)、建設会社社員

徳島県立脇町高を卒業。1992年から建設会社の社員で、10年の東みよし町議選で初当選して14年に再選した。日本青年会議所(JC)徳島ブロック協議会長も歴任した。

◇長谷川 隆法(はせがわ・りゅうほう)氏

生年月日:1947年8月21日
出身地   :滋賀県
出身校 :京都産業大法学部
主な経歴 : 福性寺名誉住職

京都産業大学法学部を卒業。高野山専修学院を卒業し、1980年~2015年まで福性寺の住職を務めた。16年1月から名誉住職に就任した。

◇松浦 敬治(まつうら・けいじ)氏

生年月日:1965年1月24日
出身地   :徳島県東みよし町
出身校 :徳島県立池田高
主な経歴 : 東みよし町議(2期)、町議会副議長

徳島県立池田高を卒業。2010年の東みよし町議選で初当選し、14年に再選した。16年5月から町議会副議長を務めていた。町体育協会長、町教育委員などを歴任した。

立候補者の主な公約や主張など

▽松浦明氏
「安定した現職の町政を継続し、時流に合わせた町政運営を担っていきたい」

・合併前の2町(三加茂、三好)の統一感を深め、堅実な行財政運営の実現
・民営認定こども園の整備、不妊治療の支援
・行政のスリム化、民間の力を生かした指定管理者制度の積極導入

▽長谷川氏
「人口減少の解消策として働く場所をつくり、若者の流出に歯止めをかけたい」

・第三セクターの木質バイオマス発電会社の設立
・町長や議員報酬の大幅な減額
・介護、教育ボランティアの活動の対価として地域通貨の発行

▽松浦敬氏
「住民と対話して合併前の2町(三加茂、三好)のバランスを取った町政運営をする」

・3期目で勇退する川原町政の路線を引き継ぐ
・子育て支援、雇用の確保、農林畜産業の活性化
・吉野川ハイウェイオアシスを物流と観光の拠点にする

前回の東みよし町長選挙の状況

▽2014年4月13日執行=投票率71.13%
川原   義朗氏 得票数6484 当選
長谷川隆法氏 得票数2239

川原氏が、住職で新人の長谷川氏を大差で破り、3選を果たした。2006年に旧三加茂、旧三好両町の合併後、初の選挙戦となった。大きな争点がない選挙戦で、川原町政の2期8年を評価する選挙戦に終始した。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

香芝市長選挙2020開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

任期満了に伴う奈良県香芝(かしば)市長選挙は5月17日、告示された。投開票は同24日。立候補を届け出たのはともに無所属で、前香芝市議会議長で新人の福岡憲宏氏(46)と、3選を目指す現職の吉田弘明氏(5 …

半田市長選挙2021開票結果速報 情勢予想や立候補者の公約・経歴

目次1 新人による三つどもえ2 半田市長選2021の開票速報・投票率速報・当選予想3 半田市選挙2021の有権者や投票、半田市の詳細4 半田市長選2021の立候補者のプロフィールや主な経歴4.1 ◇山 …

鴻巣市長選挙2018開票結果速報 原口和久氏vs細川英俊氏の情勢予想

任期満了に伴う埼玉県鴻巣市長選挙は6月24日、告示された。投開票は7月1日。立候補者はいずれも無所属で、5選を目指す現職の原口和久氏(65)、前同市議で新人の細川英俊氏(39)の2人。鴻巣市長選挙の立 …

五泉市長選挙2018結果速報! 立候補者の詳細や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う新潟県五泉市長選は1月14日、告示された。投開票は同21日。立候補したのは、行政書士で新人の後藤浩昌氏(56)、3選を目指す現職の伊藤勝美氏(67)、元五泉市議で新人の安中聡氏(40)の …

大井町長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う神奈川県大井町長選挙は12月4日、告示された。投開票は同9日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元町議で会社社長の小田真一氏(65)、会社社長の諸星光浩氏(57)、テニスクラブ経営の鈴木 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類