北海道ニュース&タイムリー

北海道の情報と全国の選挙情報をスピーディーに

選挙・政治

兵庫県知事選挙2021開票結果速報 立候補者の公約・経歴・情勢予想

投稿日:2021年7月4日 更新日:

新人5人が立候補

任期満了に伴う兵庫県知事選挙は7月1日、告示された。投開票は同18日。立候補を届け出たのは、いずれも無所属新人の5氏。届け出順に▽音楽塾経営の服部修氏(47)▽元加西市長の中川暢三氏(65)▽元大阪府財務課長の斎藤元彦氏(43)=自民、維新推薦=▽前兵庫県副知事の金沢和夫氏(65)▽元兵庫県議の金田峰生氏(55)=共産推薦=。現職の井戸敏三氏(75)は5期目で引退する。兵庫県知事選の立候補者の公約や政策、経歴、情勢予想、投票・開票の結果速報を伝える。

スポンサーリンク

右上

右上




神戸市の港町の風景

兵庫県知事選挙2021の開票速報・投票率速報・当選予想

立候補者

服部    修氏    得票数  46019
中川 暢三氏    得票数140575
斎藤 元彦氏〇 得票数858782 当選
金沢 和夫氏△ 得票数600728
金田 峰生氏    得票数184811

※◎=確実 〇=有力 △=善戦 無印=対象外
※投票率41.10%

兵庫県知事選は、新人の斎藤元彦氏が新人4氏を破り、初当選を果たした。

候補者のスコアリング】(=ポイント)

服部 修
①公約や主張=1.5
②経歴=1.5
③支持基盤=1
=合計4.0P

中川 暢三
①公約や主張=2
②経歴=2.5
③支持基盤=1.5
=合計6.0P

斎藤 元彦
①公約や主張=3
②経歴=3
③支持基盤=3
=合計9.0P

金沢 和夫
①公約や主張=3
②経歴=3.5
③支持基盤=2
=合計8.5P

金田 峰生
①公約や主張=1.5
②経歴=2.5
③支持基盤=1.5
=合計5.5P

※候補者のスコアリングは5 段階評価で15点満点
※「11P~=◎」「9P~=〇」「7P~=△」「6.5以下=対象外」
※採点は当サイト独自調査による

前回2017年の兵庫県知事選挙の状況

▽7月2日執行=投票率40.86%
井戸 敏三氏(71)=現 得票数944544 当選
勝谷 誠彦氏(56)=新 得票数646967
津川 知久氏(66)=新 得票数148961
中川 暢三氏(61)=新 得票数102919
※年齢は当時

スポンサーリンク

右上

右上




兵庫県知事選挙2021の有権者や投票、兵庫県の詳細

兵庫県知事選の7月18日の投票は、7~20時(一部地域で繰り上げ)に兵庫県内各投票所で行い、各投票所などで即日開票する。6月30日現在の選挙人名簿登録者数は460万4221人。

兵庫県知事選に投票できる人

  • 日本国籍を有している人
  • 2003年7月19日以前に生まれた人
  • 2021年3月30日以前に兵庫県に転入届を提出し、引き続き県内に住所がある人

兵庫県知事選挙の期日前投票

期 間:7月2日~17日(一部投票所で変更あり)
時 間:8時半~20時(一部投票所で変更あり)
投票所:兵庫県内各所

兵庫県メモ

位置 日本の近畿地方にある
面積 8400.94㎢
隣接 京都、大阪両府、鳥取、岡山両県
人口 544万6455人、241万1665世帯(2021年6月1日現在)
知事報酬 (月額)134万円
県庁 神戸市
市町村 29市12町
区分 神戸、阪神南、阪神北、東播磨、北播磨、中播磨、西播磨、丹波、但馬、淡路各地域

スポンサーリンク

右上

右上




兵庫県知事選挙2021の立候補者のプロフィールや主な経歴など

◇服部 修(はっとり・おさむ)氏


生年月日:1974年5月25日
出身地   :長野市
出身校 :東京成徳大
主な経歴:音楽塾経営

◇中川 暢三(なかがわ・ちょうぞう)氏


生年月日:1955年11月30日
出身地   :兵庫県加西市
出身校 :信州大人文学部
主な経歴:大阪市北区長、加西市長(2期)

◇斎藤 元彦(さいとう・もとひこ)氏


生年月日:1977年11月15日
出身地   :神戸市
出身校 :東大経済学部
主な経歴:総務官僚、大阪府財政課長、宮城県財政課長、新潟県佐渡市総合政策監

◇金沢 和夫(かなざわ・かずお)氏


生年月日:1956年7月4日
出身地   :神奈川県藤沢市
出身校 :東大法学部
主な経歴:兵庫県副知事、総務省大臣官房審議官

◇金田 峰生(かねだ・みねお)氏


生年月日:1965年8月25日
出身地   :神戸市
出身校 :日本福祉大
主な経歴:共産党県常任委員、兵庫県議(1期)

スポンサーリンク

右上

右上




兵庫県知事選挙2021の立候補者の主な主張・政策・公約

▽服部 修氏

主張

「(新型コロナ禍前の)元の生活に戻したい。事業者や県民に負担を強いる緊急事態宣言や営業時間短縮要請はもうしない」

政策・公約

  • コロナ禍前の元の生活に戻す
  • 「イベルメクチン」を新型コロナの予防、治療薬として普及させる
  • 1人10万円の「生活給付金」を支給
  • 1人1万円の「タクシークーポン券」も支給
  • 兵庫県から日本をまともな国に変えたい

▽中川 暢三氏

主張

「兵庫県は総務省OBの知事が続いており、国への依存が強い。今回も構図は同じ。経営感覚を持ち、兵庫を立て直す」

政策・公約

  • コロナ対策として「兵庫モデル」を確立して県民の不安を解消
  • デジタル地域通貨と新産業で経済を活性化させる
  • 減税、国保料の引き下げなど県民の負担を軽減
  • 脱炭素社会を10年前倒しで取り組む
  • 行財政と議会の徹底改革で県民自治を確立

▽斎藤 元彦氏

主張

「兵庫県は、副知事が知事になることが50年も続いている。変化が求められる時代には新たな発想、手法が必要になる」

政策・公約

  • コロナ禍で「ひょうご4つのゼロ」を実現
  • 未来をつくる人材育成をさらに進めていく
  • 産業、農林水産、観光を活性化し、県内GDP成長率の全国トップ級を実現
  • 住みよい満足度の全国トップクラスを実現
  • 防災先進県として、災害に強い県土に向けた施策をさらに進めていく

▽金沢 和夫氏

主張

「兵庫にはどの地域も見捨てることなく、歩んできた歴史がある。バランスの取れた政治をすることが重要だ」

政策・公約

  • コロナ禍を乗り切り、県内の経済を躍動させる
  • 新型コロナ対策を最優先とし、保健・医療・福祉の体制を充実させる
  • ポストコロナ社会創造ファンド(仮称)を設立
  • 災害に備えたインフラ整備、福祉避難所の拡大
  • 女性副知事、県職員の女性管理職比率を拡大

▽金田 峰生氏

主張

「(コロナ禍で)医療崩壊を招いているにも関わらず、保健所や病院をまだ減らそうとしている。県政を転換していくしかない」

政策・公約

  • コロナ対策の緊急の強化を図り、県民の命と暮らしを守る
  • 県内保健所を強化し、人口10万人当たり1カ所の設置を目指す
  • ジェンダー平等、全ての人の尊厳を等しく守る県政に
  • 産業や地域を支え、雇用を守る
  • 高校教育無償化、県立大学の授業料の値下げ

兵庫県知事選挙2021の争点や情勢、予想を解説

兵庫県知事選は、現職の井戸敏三氏の勇退により、20年ぶりの新知事誕生となる。争点は井戸氏の5期20年にわたる県政運営の継承か刷新か。新型コロナウイルス感染拡大防止対策、円滑なワクチン接種の体制など、諸課題が山積する。措置法に基づく知事の権限により、飲食事業の休業や営業時間短縮要請なども、今後の県内経済を左右する大きな決断となる。

選挙戦はともに元総務官僚の斎藤元彦、金沢和夫両氏の事実上の一騎打ちとなっている。兵庫県知事は50年以上にわたって、総務省(自治省時代も含む)出身の副知事が就任してきた。当初、自民党兵庫県連では、前副知事の金沢氏への推薦を決めていた。しかし、党内での反発が強く、若手の斎藤氏へ推薦を決めた。現状で自民党県連内では、この両氏を支持する勢力で2分されている。

井戸氏は事実上の後継指名に金沢氏を推し、告示後の出陣式に参加し、激励をしている。斎藤氏は副知事出身の知事の誕生に反対し、新たな視点での県政運営が必要との認識で刷新を掲げている。自民に加え、維新も斎藤氏を推薦し、選挙戦を支えている。このため、斎藤、金沢両氏の白熱した論戦により、選挙戦がヒートアップしている状況だ。

情勢を予想すると、政党推薦を受けている斎藤氏がリードしているとみられる。現職の井戸氏に対する批判票は決して少なくない。長年にわたって旧来の方式で県政のトップに立つシステムに、県民の中でも刷新を望む声が高まっている。とはいえ、経験や実績に長けた金沢氏に対し、一定の支持層もある。選挙戦は終盤まで目が離せない状況が続くと思われる。

兵庫県知事選挙以外の2021年7月18日執行の注目選挙一覧

当サイトでは兵庫県知事選挙以外にも、7月18日執行のそのほかの注目選挙も掲載している。

右上

右上




右上

右上




-選挙・政治
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

第48回衆院選2017 北海道選挙区・比例区の当落予想とその結果

第48回衆院選は10月22日投開票される。北海道の12小選挙区(定数12)では30人、比例代表北海道ブロックは定数8。決戦前日の10月21日、各候補がラストスパートを切った。当サイトでは北海道の衆院選 …

日光市長選挙2018結果速報 立候補者の公約や経歴、情勢や予想も

任期満了に伴う栃木県日光市長選挙は4月8日、告示された。投開票は同15日。立候補者はいずれも無所属の新人で、元同市議の大嶋一生氏(53)、薬剤師で会社社長の長谷川敬氏(49)、元同市議会議長の斎藤敏夫 …

三戸町議選挙2020結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

任期満了に伴う青森県三戸町議会議員選挙は3月3日、告示された。投開票は同8日。定数14を5人上回る19人が立候補を届け出た。三戸町議選挙の立候補者の結果速報、投票率や開票状況、情勢予想を伝える。スポン …

日出町長選挙2020開票結果速報 情勢予想や立候補者の公約・経歴

任期満了に伴う大分県日出(ひじ)町長選挙は8月25日、告示された。投開票は同30日。立候補を届け出たのはいずれも無所属で、再選を目指す現職の本田博文氏(67)、新人で元副町長の今宮礼二氏(71)、新人 …

いの町議選挙2021結果速報 立候補者の当落、開票状況や情勢予想

目次1 定数18に20人立候補2 いの町議選2021の開票速報・投票率・情勢3 いの町議選2021の有権者や投票、いの町の詳細4 前回2017年のいの町議選の状況、当選者や投票率5 いの町議選以外の2 …

検索

このサイトについて

ベスト1=札幌市在住の40代のトレンドマニア。北海道の今をお伝えします。

注目記事

アーカイブ

記事分類